読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都ではんなりスカーフ三昧

EMMA GREENHILL のスカーフを、

京都で、ご紹介。

 

そう、S.E.H KELLY に引き続き(あ、これは後に報告します)

京都づいているMACH55 でございます。

 

まずは、今シーズンのエマのプリントから、

王道の巻き方いろいろをご紹介。

   f:id:hynm_mach55:20160921182019j:plain

PARIS という名の、このスカーフでいきますよ~  じゃん。

f:id:hynm_mach55:20170417121341j:plain f:id:hynm_mach55:20170417121846j:plain

f:id:hynm_mach55:20170417120922j:plain f:id:hynm_mach55:20170417120932j:plain

f:id:hynm_mach55:20170417120949j:plain f:id:hynm_mach55:20170417121144j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20170417121433j:plain f:id:hynm_mach55:20170417121545j:plain

f:id:hynm_mach55:20170417121022j:plain f:id:hynm_mach55:20170417121057j:plain

 

エマのスカーフは、手書きの絵をプリントに起こしているので、

水彩画のように、カラフルな色がたくさん使われます。

だから、どのへんを見せて巻くか、で

印象が変わります。

 

明るい色とブラックとの組みわせ部分は

スーツや、シャツとのクールなコーディネイトに。

 

淡いパステルカラーを見せるときは、

軽めにまとめたい時に、いががでしょうか?

 

急に春から初夏な気温の東京。

ノームコア的に、シンプルなモノクロカラーでまとめている方も、

ひとつ、さし色、さい柄をぜひ、取り入れて!

 

今シーズンのエマ物語は 明日ご紹介します。