読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MACH55 Ltd x Charlie Borrow Interview ー前編ー

 

こんにちは!

 

みなさまS.E.H KELLYのイベント模様、見ていただけましたでしょうか?

 

はてさて本日は、先日お伝えしていた

 

チャーリーさんのインタビューをアップさせて頂こうかと。

 

 

 

 

チャーリーボロウ、来日は昨年友人とのプライベイト訪問に続き2度目となります。

 

今回はバイヤー様用展示会で商品説明を率先してやってくれました。

 

そんな東京滞在、一週間で感じたことなど、

 

最終日スタッフとのお別れ食事会で簡単なインタビュー形式で話を聞いてみました。

 

しっかり答えてくれたので、ちょいと前編後編と分けて更新していきやすね。

 

さっそく!!!

 

 

 

 

MACH55:日本のお店(select shop)はどんな印象だった?

 

CB:日本のショップは本当に素晴らしい!

何て言うのかな、どのショップにも独自の世界観があって

商品がそこに溶け込むような空間になっているでしょ。

商品がただの‘売り物’としてそこに置いてあるわけじゃなくて意味を

持っているのが伝わって来るというか。

ロンドンのショップは、売れるものを集めてただ並べている感じ。

日本のショップは1つ1つの商品がそのショップ全体を構成するために

セレクトされているのがわかります。

 

f:id:hynm_mach55:20170310163846j:plain

 

 

 

MACH55:Bag Makerから見て日本男子のバッグ使いの傾向はどう感じましたか?

 

CB:前回日本に来たときはリュックとトートバッグを持っている男子をよく

見かけたけど、今回あまり見ないような気がしました。その代わりに、

小さいバッグ、携帯とお財布とタバコが入ればいいや的なサイズ感のバッグで

ショルダータイプのものを持っているのをよく見かけましたね。

 

 

 

MACH55:Charlie Borrowのブランドを5wordsで表現するとしたら?

CB:

  1. Simplicity(シンプルであること)
  2. Durable (頑丈)
  3. Traditional craftsmanship

    4.5は、、、宿題に持って帰っていい?もうちょい考えたい。

    いいワードがあるはずなんだけど。

 

 

f:id:hynm_mach55:20170310155705j:plain

f:id:hynm_mach55:20170315191300j:plain

 

ふむふむ。

 

日本をよくみてくれていてうれしいです。。

 

後編は、インスパイアされたものについてや、食について語ってくれています。

 

つづく

 

 

 

New Staff N