読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SS2017 速報S.E.H KELLY 版

今日は、S.E.H KELLY バージョンをお届け。

さあ、春!

この時期、まずは、やはりはおりでしょう!

今季、超、お勧めのアイテムといえば、

これです。

新型FLIGHT JACKET

そして、生地も新作、

ブリテッシュベンタイル、のそれも、FLIGHT WEIGHTで作りました。

ようするに、ベンタイルの中でも可能な限り薄く織り上げた生地です。

f:id:hynm_mach55:20160819112410j:plain

おお、物撮だと、ちょっとおやじくさい、っすかね。

それでは、ポールさん着用をば。

f:id:hynm_mach55:20160815191113j:plain

このように、すこし長めの着丈、

SEHK らしい細身の身頃。

色味もこちらが近いですね。

肩、袖、バッグラインに注目を。

f:id:hynm_mach55:20160815191106j:plain

このショルダーはサドルショルダーといわれます。

ふつう、ニットによく見られるラインですね。

インセットスリーブとラグランショルダーの長所をミックスしています。

前と後ろからインセットスリーブ、肩部分からネックまで

ラグランのように袖から続いているのです。

なので、きれいに滑らかなラインができています。

 

簡単そうですが、

何度も何度も試行錯誤をして、

いちばんきれいになるパターンをつくりだし、

ここに到達したそうです。

 

伝統的なパターンと、新しい視点のデザインをあわせて

着やすく、きれいなガーメントを作り出す。

そのために、じつは、細かい作業とチャレンジを繰り返しております。

こうゆうところが、

日常的なベーシックにも、基本と革新を、、、

このブランドがサヴィル・ロー出身であることの

その経験値の意義を、

一枚のガーメーントに落とし込んでいるが、見えるところであります。

f:id:hynm_mach55:20160815191100j:plain

すそもダーツ・プリーツがバンドに収まっています。

 

これはハリントンスタイル、、という昔のスタイリを彷彿させますね。

とSEHK は言っておりますが、

われら日本人にとっては、スイングトップ、、ですかね。

マクレガー、、、、(年がばれます)

そして、青春の、、、でいくと

f:id:hynm_mach55:20170213122819j:plain

これでしょう、、、(右)

と話は飛びました。

 

身頃にもプリーツが入っているので、

よりシェイプが入り、きれいなスリムラインになります。

 

ほかにも、

インシームポケットは前に膨らむようにデザインされていて、

f:id:hynm_mach55:20170213125956j:plain

手もかっこつけて入れられますし、

携帯やキーなんか、いれて、バッグ無しでもいけましょうか、、

カフにも2本プリーツを入れて、カフが付いています。

f:id:hynm_mach55:20170213130025j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20160815191135j:plain

襟もすこし大きめ

PRUSSIAN COLLAR (プロセインカラー=軍ものコートの高い襟)の少し高めな台襟

ボタンで留めるスロートラッチ(襟のところについているストラップのようなもので両襟を合わせて止める)が付いています。

f:id:hynm_mach55:20170213125928j:plain

通常は片方の襟したでボタンを留めて着ます。

 

といった、語るべきところはたくさんあるのですが。

まずは、袖を通してみてください。

その軽さと

なんともいえない自然に細いシルエット、

四季を問わない素材感。

 

感じていただくのが、一番かと。

 

ぜひ、お店に出向いて、試着をしてみてください。

 

論より証拠。

 

いいじゃん、

と思っていただけると

デザイナーも私たちも、お店の方もうれしいです。

 

そして、春をこの一着とすごしてもらえると、

もっとうれしいです。

 

M