読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寒い、こりゃほんとにコートだ!

ということで、

今日も東京は雨、

バリサムです。

 

で昨日に続き、

コートアゲイン。

 

しかたない、今日は、これをだしちゃいます。

f:id:hynm_mach55:20160220140924j:plain

f:id:hynm_mach55:20160226170118j:plain

ウールのロングコート。

今シーズン、一番丈の長いコートです。

深いグリーンとブラウンのミックスウール。

フランクが好きな色の混ざり具合ですね。

よく、この系統の色の生地を見つけてくるものだと、、、

アップ、見てください。

f:id:hynm_mach55:20161111102121j:plain

f:id:hynm_mach55:20161111102107j:plain

グリーンが織り込まれているのがわかりますね。

ぎゅーと圧縮している生地ですから、

イスの内側に使われている堅牢な生地のようです。

裏地はブラウンのリネンコットン

表地が重量感があるので、内側は、リネン混で軽めに。

両サイドにポケットあり。

f:id:hynm_mach55:20161111101934j:plain

裏地にリネン、冬なのに?

とフランク サポーター以外の方はびっくりされると思います。

 

リネンはフランクにとって、通年素材。

ヨーロッパでは、デニムがポピュラーになる前の話、

ユニフォームやワークウエアなど、

コットンとともに、リネン素材が多く使われていました。

リネンはもともと丈夫で自然で、通気性、保湿性など

すぐれた機能的素材としてガシガシ使われていたのです。

 

モデルが着たらかっこいいのはあたりまえ?

なので、、、

 

f:id:hynm_mach55:20161111103347j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20161111103541j:plain

どうでしょうか。

 

そして、S.E.H KELLY からは

定番で人気のこれを。

f:id:hynm_mach55:20150224140232j:plain

これは2015年秋冬シーズンの写真です。

そして、以下が今シーズン。

違いがわかりますでしょうか?

f:id:hynm_mach55:20161111103720j:plain

写真ではわからないですよね、、、

生地は変わらず、somerset fox flannelを使用

fox brotherというダッフル用のメルトン生地を織らせたら

右に出るものはいない老舗ファクトリーです。

36時間のプロセスをかけてこの非常に分厚くて

でも柔らかい生地が出来上がります。

 

手作業で作られたトグルは継続

アップデイトの一つはトグルのロープ

f:id:hynm_mach55:20161111112954j:plain

3本取りのダブルツイスト

長年使ってもヨレなく歪んだりしないように。

 

スプリットスリーブで動き易く

f:id:hynm_mach55:20161111102332j:plain

ヨークの下には、隠しポケット。

f:id:hynm_mach55:20161111112934j:plain

ピークドフードスタイルはパターンの技術で

綺麗なライン。

f:id:hynm_mach55:20161111103741j:plain

 

ダッフルコートは学生、的な印象を持つ方も多いですが、

大人ならでは、

着こなしていただきたい。

スーツにダッフル、って、

一部女子には、キュンコーデだと思います。

 

あ、あんまり、そこで、きめきめせずに、

さらっと、ですよ、あくまでも。

 

では。

 

秋はあっという間におわっちゃたけれども、

藝術と食欲の秋を惜しんで、

お出かけしまっしょう。コート着て。

 

よい週末を!

M