読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寒い!こりゃもうコートだ。

寒いです。

一気に、コートを取り出した方も多いのでは。

 

ということで。

コートのご紹介をすることに。

f:id:hynm_mach55:20160220114008j:plain

f:id:hynm_mach55:20160226170611j:plain

FRANK LEDERからは、

ちょっと個性的なヒト品を。

シェラドミンガーの素材をベースに、

センターにブラウンの生地を配した

男くさい?タイプのコートを。

 

襟元のレザーベルトは取り外し可能。

f:id:hynm_mach55:20161110113913j:plain

フロントはトップボタン以外は比翼になっていて

グレーの飾りボタンが並んでいます。

f:id:hynm_mach55:20161110114038j:plain

内側にも大きなポケットは一つ。

コートかけ用のストラップはレザーです。

f:id:hynm_mach55:20161110113936j:plain

そではストライプのライナー。

f:id:hynm_mach55:20161110113954j:plain

フランクにしては、正面切ってデザインが感じられるタイプ。

 

シェラドミンガーはフランクが良く使う素材。

生地の名の由来は、

シュラドミング地区で織られた生地だから。

それは、オーストリア中央部のスタイヤーマルク州にある山の町

古都ザルツブルグからは車で約1時間の距離。

厳しい山で過ごすために使われていた圧縮のウール素材で

純羊毛(天然のウール)は通気性が高く、

殺菌効果があり、帯電を防止するといわれ

特に加工を加えなくても風雨を防ぎ、

厳しいコンディションでの保温性があり、

リサイクルが可能な自然素材です。

 

この厚みから、現地では、

通常、洋服より違う用途で使われることが多い生地です。

 

この生地のコートですから、

そりゃ~

あったかいです。

 

質実剛健な感じの男コート。

いかがでしょうか?

 

そしてS.E.H KELLY からは、

今日は、超定番のこれを。

ベンタイルのカーコート

ステンカラーコートともいわれる形ですね。

がしかし、なんと、ステンカラーコートとは、和製英語

で こちらは、SEHKではカーコートと呼んでいます。

正式にカーコートは車に乗る時のコートってわけですから、

もう少しショート丈で、スポーティな感じのコートに

使われることが多いようです。

 

f:id:hynm_mach55:20160223181034j:plain

では、なぜ、これがカーコートか。

それは、

f:id:hynm_mach55:20160223180524j:plain

このベンタイルのバルマカーンコートがあるので!

 

比較すると、確かに、丈は短いのです。

バルマカーンコートとは、

スコットランドの地名から、

その地で、キツネ狩りがスポーツ的趣味が盛んだったといわれ、

その際に着用したアウター、そこから語源がきています。

ウォーキングコートという呼び方のコート群。

 

厳密には、

カーコートもバルマカーンも 襟や袖などの定義がありますが、

そこは、SEHK の感覚でデザインされています。

 

始めのベンタイルは、超オーソドックスな(SEHKの中では)タイプ

次のものは、キャンバスに織り上げたベンタイル

少し、厚みが加わり、素材感もざらっとした表情になります。

 

いずれもコットン素材。

現代は、新しい機能的素材が沢山ありますが、

天然のコットン素材で、機能が加わっていること、

それが彼らの求めているものに近く、

ベンタイルを使い続けている理由でもあります。

 

 

 

ベンタイルは英国発祥の生地。

今まで何度か説明しておりますので、省きますが、

彼らの生地への探究が認められて、

英国ベンタイル社と生地開発まで一緒にやらせていただいており、

このベンタイルキャンバスは生まれました。

f:id:hynm_mach55:20161110130759j:plain

ドアップはこんな感じ。

 

すでにお店には入っています。

どうぞ、お試しください。

info@mach55.com

 

M