読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだまだ冬だからこそのお勧め。メンズ編。

「ありがとう~さようなら~携帯~」の歌が

頭から離れない、、初冬の日々です。

 

さて、今日も、アイテム紹介をと、、、

早速のご紹介。

こんなに素敵に掲載をいただいたので、、、、

関西の方だけだともったいない、、ということで、

じゃん。

f:id:hynm_mach55:20161102102519j:plain

comepass.jp

 

一度ご紹介したんですけど、素敵に着ていただいているので、

再度ニット。

f:id:hynm_mach55:20161102102525j:plain

ハンドニットのシリーズです。

ご使用はこのプルオーバー

f:id:hynm_mach55:20160227110536j:plain

他にはカーディガンもあります。

f:id:hynm_mach55:20160227110615j:plain

 

深みのあるレッドとダークグリーン、グレーがミックスした

フランク リーダーらしい色味です。

こちらの色が近いです!

ウッドボタン。

f:id:hynm_mach55:20161102103432j:plain

おじさんくさい、失礼!

それが、いいんです!

いや、ほんと。

 

そして、S.E.H KELLY も

お勧めがしっかり掲載、

ハイローコーデュロイのシャツジャケット。

f:id:hynm_mach55:20161102102530j:plain

アップにしましょう、、

f:id:hynm_mach55:20161102102956j:plain f:id:hynm_mach55:20161102103238j:plain

色がちょっとぶれてますね、、

左が近いです。

ボタンはホーンボタンのダークブラウン。

これのおかげで、濃い色のボトムとも合わせやすくなります。

 

この時期にはアウターとして活躍するアイテムですが、

もう少し寒くなって、

ロンドン気温になってきたら、

シャツとしての着用も。

 

この素材は、SEHK の中でも珍しいデットストック。

彼らは自分たちで素材開発をするのですが、

この太畝、細畝のコーデュロイは、最近織られていない生地。

ファクトリーで見つけた時には、

魅入られたようです。

自分達で生産できるようになりたいと希望を持っているようです。

 

そう、

大量生産のブランドでないと、

自分だけの生地を作るのは、大変なのです。

 

その意味で、

フランクも、SEHK も

自身の想いを生地に託すタイプなので、

頑張って取り組んでいます。

 

ぜひ、お店で、その生地感を手で触ってみていただきたい。

ぜひ、お店で、お店の方の説明を聞いて欲しい。

ぜひ、トライアルでも、袖を通してみてほしい。

 

まずは、そこから、、

皆さまには、ひらにお願いしたいところです。

 

全国、つつうらうら、

冬物は絶賛発売中。(あ、これがおいてないところもあります。ご了承を)

 

FL やSEHK が並ぶお店は、

独自のファッション魂で、選ばれたものが他にも

セレクトされたドリーム空間。

 

ぜひ、すこし、お話しなどしていただいて、

買わなくたって、居心地が良いHAPPY な

刺激を受ける場所に

そこがなるとうれしいな~と

願っております。

 

M