読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋すぎし、の冬来たり。アウターだ!メンズ編

なんと、一気に、寒いです。

ショールームも暖房ですよ、、

 

キタ~~、と

モータ踊りをするくらい、

寒さはおしゃれに勢いをつけますぜ。

ということで、今日は、アウターのご紹介をば、メンズ編。

 

FRANK LEDERからは、

いっちゃおうっかな、このアイテム。

f:id:hynm_mach55:20160226160744j:plain

「ボンバージャケット」です。

日本では、こうゆう形って、「ブルゾン」って呼ぶじゃないですか。

あちらでは、こう呼びます。

 

ボンバージャケットとは、

フライトジャケットの1つ。

ボマーbomberとは、「爆撃機」の意。

第二次世界大戦中、米国空軍の乗員に支給された皮革製の丈の短い上着、ジャンパーを指している、、、そうで、

より詳しくはこちらから。https://www.fashion-press.net/words/313 

 

という語源で短めの丈のジッパータイプはボンバージャケット。

FRANK LEDERの場合、

ワークウエアやアーミーウエアからのディテールなどを

取り入れることがありますが、

いずれも、まさに、それ、という感じでなく、

クラシックな素材に落としていくので、

ワイルドな感じにならず

これでもかな感じにもならず、

いい塩梅です。

 

このボンバーにはフロントにコッパーのジッパー。

f:id:hynm_mach55:20161031112401j:plain

f:id:hynm_mach55:20161031112445j:plain

色目とゴツサが、スクエアチェックのパターンと相まって

フランクらしい一品になっています。

 

内側は、ニットのような凹凸感あるブラウンウール。

表生地がしっかりしている反面、内側は柔らかく。

f:id:hynm_mach55:20161031112440j:plain

f:id:hynm_mach55:20161031112502j:plain

すこし、小さ目をきゅっと着ても、

大き目に古着っぽく着ても

あなた次第でございます。

 

f:id:hynm_mach55:20160220183847j:plain

 

そして、S.E.H .KELLY からは、

f:id:hynm_mach55:20161031114053j:plain

ダッフルコートでしょうか・。

ここに飛んでいただければ、

いつもの、S.E.H KELLY らしい、細かな説明が読めます。

英語の勉強!

ついでにぜひ。

www.sehkelly.com

DUFFEL COAT とは

そもそも、厚い起毛の生地で、トグルでループにとめボタン代わりに

フロントを留めるショートコート。

もともとはベルギーの町の名で、そので織られた毛織ものがダッフルと

呼ばれたことから。

英国海軍で使われていて、これもアーミー起源がプラスされた、

もっと、もともとは漁師のウエアで、ワークウエア起源なのです。

海の男だからこそ、手袋をつけたままでも

外しやすいボタン⇒トグルになったわけです。

 

f:id:hynm_mach55:20161031115106j:plain

このトグルはハンドメイド。

ひとつひとつ削り出しています。

 

生地はサマーセットのフォックスブラザーというメルトン生地では

著名なファクトリーから。

とても分厚いのに、柔らかさを感じるのは、

36時間ものプロセスをかけて織られているからです。

 

前はセットイン、

後ろはラグラン、という、前も説明いたしましたが、

スプリットスリーブになっていて、

動き易さは、ばっちり。

f:id:hynm_mach55:20161031115441j:plain

 

といった説明が上のリンクで、もっと細かに確認できます。

ぜひ、チェックしてみてください。

 

S.E.H KELLY はウェブの写真やルックブックの写真など、

全て、2人で撮っています。

サラとポール、2人で、全てをやっているブランドなのです。

大事に大事に、生地から、ボタンから、、

足で稼いで、頭つかって、体も動かして、、

英国の地で、

自分達のブランドをしっかり、地に足つけて

こつこつやってます。

 

フランクも実は、ほとんどを一人でやっています。

 

双方ともに、

一見ハデなブランドではありません。

だからこそ、着心地と感覚で、

好きなって下さる方が、増えると、

本当にうれしいです。

 

M