ディア ディアレザー 

おやじギャグのようですが、、

本日は鹿革に敬意をこめて。

 

現在、企画展として取り上げてくださっている、

グラフペーパー御店でもフォーカスしていただいている素材。

 

f:id:hynm_mach55:20161008112539j:plain

全国つつうらうら、FRANK LEDERのいかシタ販売店でも

この冬、注目なニューアイテムのひとつです。

 

実際に手元で見ていただく前に、

こちらで、一度、じっと、見てくださいまし。

 

f:id:hynm_mach55:20161011115509j:plain

f:id:hynm_mach55:20161011115755j:plain

f:id:hynm_mach55:20161011115750j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20161011115538j:plain

f:id:hynm_mach55:20161011115755j:plain

f:id:hynm_mach55:20161011115854j:plain

f:id:hynm_mach55:20161011115907j:plain

f:id:hynm_mach55:20161011115447j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20161011115506j:plain

f:id:hynm_mach55:20161011115517j:plain

f:id:hynm_mach55:20161011115506j:plain

f:id:hynm_mach55:20161011115641j:plain

f:id:hynm_mach55:20161011115810j:plain

f:id:hynm_mach55:20161011115517j:plain

f:id:hynm_mach55:20161011115538j:plain

ちょいと光の関係で、色がマチマチですが

ヌメの良い色をしています。

こちらはサンプルのため、ショールームで陽をあびて、

すこし、色が濃くなったいたりもします。

 

フランクの言葉、

「新しい鹿革は、自然の葉っぱ、枝と植物エキス、

そして生物学的に自然な方法で染めたものです。

虫刺されや撃たれた銃弾の穴、トゲなどで付いた傷が

皮膚に残っているのをあえて、自然なものとして残しています。

この革は私のアイデアをもとに、

特別に小さな家族操業のタンナーで作ってもらったものです。

非常にレアな、強烈に対価がかかるものですが、

とても美しい革だと私は思うのです。」

 

フランク リーダーがこの革を入手している先は、

昔ながらの猟師が持ち込んだ革だけを

伝統的な製法で鞣している、

小さな小さななめし工房です。

 

f:id:hynm_mach55:20090223125345j:plain

 

こんな山奥で、

コツコツ時間をかけて鞣していて、

もう、こんな風に、昔の製法でハンドでやっているのは

ここしか残っていないそうです。

 

f:id:hynm_mach55:20160220133311j:plain

f:id:hynm_mach55:20160220105957j:plain

何度か、ご覧いただいたルックブックでも

コートとボンバージャケットを紹介していますが、

ヌメに近い色目は、

時とともに、色が濃くなり、

体になじみ、

ゆうに、20年は着ることができるはずです。

いや、おじぃちゃんになるまで、

何年でも、時をともに過ごしてください。

 

おじいちゃん、

アウター、

ベルリン、

からの連想で、これ。

f:id:hynm_mach55:20161011163657j:plain

ベルリン 天使の詩

ヴィム ベンダースの映画です。

単純な思考では、ございますが、

フランク リーダーを好きな方、

一度、見てみてくださいね。

 

今から思えば、

ベルリンの印象はこの映画から始まっていたような気がします。

 

Graphpaper さんの企画展は10月16日まで、

この映画にも通じる、静けさの感性をも感じる空間になっています。 

あなたにも羽が見える?かも。

 

M