読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーダーとスカーフ

ボーダーといえば、

私は、この人。

f:id:hynm_mach55:20160928193438j:plain

わけも分からず、凝った映画監督「ルキノ ヴィスコンティ 」

まあ、そのころ、刺激度マックスな映画だったわけですよ。

 

あ、

今回はフランス、でしたね。

 

ボーダーとスカーフ。

現在、EMMA GREENHILLのスカーフを絶賛POP-UPしてくださっているお店、

LA MARINE FRANÇAISE H 二子玉川 BLOG

こちらでの提案です。

f:id:hynm_mach55:20160928180327j:plain

 

フランスでボーダーといえば、

f:id:hynm_mach55:20160928194916j:plain

王道、

ペップバーン様ですよ。

 

そこに、スカーフ!

これでもう、パリジェンヌ。

 

そこでシャレード

f:id:hynm_mach55:20160929152140j:plain

 

昔、リセエンヌ、という言葉がはやりました。

女学生を意味しますが、イメージでは、

勝手に、パリの素敵な女性=マドマアゼル。

なので、パリでムッシュに

「マダム」と呼ばれた時、

うらさみしい思いをしたものです、、

まだ、「マドマアゼル」だろ、、私。。。

で、ジモピーに話したところ、、

「マドマアゼル」よりも、「マダム」と呼ばれるほうが、

実は、大人の女性と認められていることだ、と。

 

そうだ、JKがなんだ! JDがなんだ!

(女子大生はJDはいいのか、、と気になり調べてて、気になったこのリンク

最近の女子高生がSNSで使う流行りの若者言葉ランキング47選【2016年版】

どうぞ、SNSおじぃ&おばぁレベル方、いっしょに勉強しましょう。)

 

話はもどり

フランスは若ければ良い街ではないぃ街なわけで、、

マダム・オードリーの晩年もそれは素敵でした。

 

で、ここで

さりげないおしゃれのスカーフに注目の秋!となるわけです。。

上のお店のブログで巻き方も紹介してくださっています

 ぜひ、お訪ねください。

 

そう、老若女子のみなさん。

スカーフマダムになりましょう。

 

ということで、

まずは、二子玉川へ。

これ、リンクはっときます。

myrecommend.jp

 

 あざお。

 (もう、あざーっす、じゃないらしい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    1971(C)Alfa cinematografica. S.R.L.