読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一足お先にグローブなどチェック

秋も始まったばかりですが、

一足お先にグローブの紹介など。

今日はS.E.H KELLY より。

今シーズンは2種類

いつものウール生地とレザーのコンビタイプと

ペッカリーレザーのタイプ。

f:id:hynm_mach55:20160910115634j:plain

 

 

     f:id:hynm_mach55:20160226134618j:plain

f:id:hynm_mach55:20160910115654j:plain

    f:id:hynm_mach55:20160226134651j:plain

いずれも1700年代からイギリスで続くグローブ工場で生産。

伝統の技法を使い、手作業で作り続けている工場です。

まずは、ペッカリー(イノシシ君に似た動物)のグローブ

袖口はエラスティックを入れたことでその良い形を保ち、

手首でしっかりと留まってくれるニット仕様。

ペッカリーは小さく、長い毛足、森に生息するイノシシの一種で

その革は驚くほど柔らかくしなやかです。

その小さい革から使える部位はほんのわずかなので、

熟練の職人にしかカットするのは難しいのです。

同様に、縫うのも難しく、職人技を持ったスペシャリストにしか

手縫い出来ないといいます。

 

ツイードバックのグローブはディアレザーを使っています。

これも素晴らしくグローブに適したレザー。

バック(手のこう)にはSomerset(サマーセット)からの

ベッドフォードコード生地を。

 

どちらのグローブもナチュラルカラーのカシミアを

ライニングにしています。

スコットランド南東部に1867年に創業した

最高のカシミア紡績業者からのものです。

 

合わせての小物も紹介。

カシミア、コットンの柔らかく、襟元にちょうどいい長さを考えた

短めのニットスカーフ (ロングのフリンジを長くとったタイプもあります)

    f:id:hynm_mach55:20160910115706j:plain

そして、北アイルランドからの、ならではのドネガルツィードのスカーフ。

トラディショナルなドネガルパターンで

カジュアルなカッコでも、襟元にジェントルマンな印象を。

f:id:hynm_mach55:20160910115644j:plain

 

いよいよ重ね着を楽しめる季節に入ってきますよ。

全体で、きめきめが嫌な男性には

小物からジェントルな雰囲気を取り入れてみては

いかがでしょうか。

 

 

M