読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっぴぃな毎日を。

今週はこの話題から。

ロンドン Tatty Devine より。

 

ポップで、カラフル、キッチュなモチーフ、

HAPPYになれるアクセサリーといえば、で認知されておりますが

ロンドンではそんな彼女たちが

こんなことを手掛けました。

 

じゃん。こちらのリンクを。

Tatty Devine - Vital Arts

f:id:hynm_mach55:20160608160920j:plain

これはなんと、

ロイヤル・ロンドン・ホスピタルの廊下。

特大ダイナーソーが!!!

 

イーストにあるロイヤルホスピタルは昔からの地元の人々用病院。

そこが新しくリニューアルする際に、

小児医療のエリアの内装に彼女たちがかかわったのです。

www.designweek.co.uk

 

病気の子供たちが、すこしでも病院を怖い場所と思わないように、

すこしでも、明るい気持ちでいれますように。

X線を取る部屋も、とっても創造的な明るい部屋になっています。

f:id:hynm_mach55:20160608164104j:plain

f:id:hynm_mach55:20160608170948j:plain

やっぱり、

これこそ、イギリス、ロンドンだとおもいません!?

このフリーでハッピーな感覚。

 

そして、それが、上のリンクのように、

デザインやアートのWEBで、どんどん取り上げられています。

フィールドを越えて、全てが結びつく感覚を

日本ももっとできればいいのに、と思います。

 

これは、メイキング。

Tatty Devineのブログより。

f:id:hynm_mach55:20160830121643j:plain

 

今日も明日も、はっぴぃに。

 

M