読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日スタート FRANK LEDER 吉祥寺&札幌

26日本日は

吉祥寺と札幌でFRANK LEDERの世界観をお見せできる場が

オープンできる幸せな日です。

 

そんなフランク週間に合わせて、

FRANK LEDER アーカイブ紹介などしていますが、

本日は、予告どうり、

HINTERLAND 3部作のお話しを。

2007年秋冬コレクションから2008年秋冬までの3シーズン

このテーマにまつわるストーリーを展開しました。

同じテーマをあえて3シーズン、連続ものにして発表するデザイナーは

他にいるでしょうか。

私自身もこれには当時、びっくりしました。

でも、映画と同じく、

表現したい内容が大きく、深ければ、

2時間にまとめるのは難しい、、、ですよね。

デザイナーも、削って凝縮より、丁寧に3部作、と

思ったに違いありません。

だから、第一弾を発表の時に、第三弾までの予告をして取り組んだのだと思います。

 

”HINTERLAND”(ヒンターランド)

ドイツを英語に直訳するなら”THE LAND BEHIND”(取り残された土地)。

電気やガスといった基本的なインフラさえ発達していない、過疎化した田舎を意味し、その小さな町に住む人々や生活がスト―リーの核。

シーズン毎に登場人物が変わります。

フランクは、主人公一人にフォーカスしたコレクションは作りません。

主人公は何人もいて、カッコいい人ばかりではなく、

そこに生活する、働く、いろいろな人が登場します。

 

第一弾は、「ERZ」 炭鉱労働者をメインとしたストーリー。

HINTERLAND の一つ、

華やかな大都市から遠く離れた、炭鉱の町で、”KLEINSTADT”(クラインシュタット)という1915年頃のドイツ領のずっと東側に実在した町(今日でいうポーランドの辺り)を想像し、その土地の環境や境遇にインスピレーションを得ています。

その小さな町に住む、炭鉱労働者や役人、商人、農民、様々な職業を持つ人たちと、そ生活を表したガーメントがコレクションを形作っていました。

f:id:hynm_mach55:20160826113210j:plain

 

 

f:id:hynm_mach55:20160826113402j:plain

f:id:hynm_mach55:20160826113742j:plain

f:id:hynm_mach55:20160826113735j:plain

これはスタジオでハンドダイしたアイテムを乾かしているところ。

フランクはスタジオで自身の手で染めたり、ハンドステッチしたり、

皆さまが思っている以上に、デザイナー自身が手を下していることが

多いブランドでもあります。

メタルが付いてくるときや、

飾りが付いてくるときや、

時にでてくるベルトのバックル部分なども、

全部、自分で、考えごとなんか、しならが、

チクチク手縫いをしている、と言っていました。

このシーズンにでた、印象的なジャケットもそうです。

f:id:hynm_mach55:20160826113435j:plain

町で、吹きすさぶ風に煽られた広告やゴミが舞い散り付いてしまった

光景を表現していますが、商品はすべて、違うものが付いてました。

 

最後に、

f:id:hynm_mach55:20160826113352j:plain

ジャーマンレザー。

労働者のイメージで登場した場面です。

そこから約10年、じわじわとマストアイテムになってきた素材です。

 

そして、HINTERLAND 第二弾2008年春夏コレクションは

HINTERLANDにある肉屋の主人「BUTCHER」と彼が合わせて商っている「GASTHAUS(宿屋を兼ねた食堂)」の物語。

 

でも、長くなってしまったので

第二弾、三弾はつづく、、、

とします。

 

今週末は、このような昔のコレクションも懐かしめるプロップスが

飾ってある、吉祥寺「SEEK&FIND」札幌「ARCH」

そんなストーリーを思い浮かべていただけると嬉しいです。

それぞれのお店のコンセプトは、

上のリンクをチクン、してください。

 

よろしくおねがいします! 

M