夏といえば暑い⇒アフリカ⇒カゴバッグだす。 

ほんとうに、暑いです。

東京は30度をゆうに超え、メラメラしてっます。

全国的に暑いようです。

みなさん、脱水症状、気をつけてください。

マッハ55でも水遣りおじさんが出没中です。

「なんでもコツコツやるのが、大事なんだ、」とつぶやきつつ。

 

というわけで、

暑い時は、さわやかなカゴ、

そう、サイザル麻のカゴバッグはいかがでしょう?

  f:id:hynm_mach55:20150729140111j:plain

 

昨年より取り扱いをはじめて、好評のMACHAKOS村のサイザルバッグ。

アフリカ、ケニア、首都ナイロビから更に南東70キロだそうで、、すが、

ぜんぜん距離感がわかりません。

「セイジさんのTV番組」思い出しますね。

 

そのマチャコス村では、女性たちが協同組合を作り、農作業の合間に伝統的なサイザルバッグをハンドメイドで生産しています。

サイザルバッグは、もともとは農作業にも使われていたため、重い野菜を運ぶなどから、軽くて、丈夫、たくさんはいる、といった特徴があります。

 

多年草の亜熱帯性植物の葉から取れる繊維で作っています。

ひとりが1個、編み上げるので、このタグの裏には作り手のサインいり。

f:id:hynm_mach55:20150729140219j:plain

 

夏のお出かけにはもちろん、おうちの中では、野菜入れや果物入れのインテリアとしても素敵。

 

いかがですか?

おひとつ。

お値段は ¥5800~¥8800(税抜き)

 

お近くのお店をご紹介します。

info@mach55.com

 

バイヤーのみなさま。

来年、2016年春夏用のオーダーを取っております!

お早めに~~。

 

あ、ちなみに、こんな子たちっも。

なにわろとんねん。くく。

f:id:hynm_mach55:20150729140135j:plain