お問合せ殺到につき、急遽、追加輸入です!

colenimo の秋冬コレクション、

イギリスっぽい、それもメンズのドレスシャツ生地で作ったワンピース。

こちらが、雑誌に掲載されまして、

大変、たくさんのお問合せをいただいております。

 

この商品は秋冬ものなので、まだ、店頭に並んでないのですが、

すでに予約売り切れとなってしまいました。

が、追加で輸入できることになりました!!!

 

ので、詳細をレポート。

気にいられたら、ぜひ、お問い合わせください。

また、お問合せいただきながらも、売り切れとご返答してしまったお客様

ごめんなさい。ぜひ、再チャレンジしてくださいませ。

info@mach55.com

tel;03-5413-5530

 

この号のクロワッサン誌

magazineworld.jp

原 由美子さんの、このページに掲載のワンピース

f:id:hynm_mach55:20180801173731j:plain

がこれでございます。

f:id:hynm_mach55:20180324124946j:plain

掲載の甲田さんは大人なので、あえてのデタッチャブルカラーはずし。しゃ

そう、取り外しできるフレアカラーを取って、

胸のポケットチーフのように使っています。

f:id:hynm_mach55:20180801173737j:plain

こんなふうに、スタンドカラー。

f:id:hynm_mach55:20180801173930j:plain

そして襟をつけると、ちょっとスウィート。

f:id:hynm_mach55:20180801174455j:plain

 

ちょっと甘い印象も与えつつ、、

ファブリックがメンズのシャツ生地なので、

すっきと、颯爽な感じです。

ディテールはシャツワンピースのような袖

f:id:hynm_mach55:20180801174510j:plain

バックはすっきり

f:id:hynm_mach55:20180801173955j:plain

そして、生地のアップなども。

f:id:hynm_mach55:20180801174038j:plain

いかがでしょうか?

 

原さんは、この英国のメンズのシャツストライプ生地がお好きで

他にも、無地ものや、ドットものがあるのですが、

これをピックアップ。

 

大先輩の好きなもの!に選ばれて、

そして、たくさんの方にお問合せをいただいて、

大変嬉しいです!

 

M

 

 

 

 

風格評論とはインフルエンサー なる。

台湾GQ 誌 ウェブでケイリンさんのブログに取り上げられました。

CANTON でございます。

 

影響を与える人、だったり、

感化させる人、だったり、

と日本語では、、 

台湾では、風格評論。

なんだかありがたい感じがします。

 

試着のカットをいろいろ掲載してくださっています。

残念ながら、さっぱり、読めずして、、

きっと外国の方が日本語を見るときもそうなんでしょうね。

 

こちらから、ぜひ、風格評論、みてみてください。

https://www.gq.com.tw/blog/keirin/detail-5131.html

www.gq.com.tw

 

そして、これからインフルエンサーになれるか、

のウチのナッツ55が

公式ブログを始めました。

pelulu.jp

 

ぜひともこちらもチェックください。

みなさまのお力で?!

トップのヒット数を狙います!

 

 

 

展示会速報 4

CHARLIE BORROW はレザーバッグ、アクセサリーのブランドです。

ロンドンの工房で、チャリー自ら、

一つずつ、ハンドメイドで作っています。

今回の展示会でも、

ご紹介しているブランドです。

f:id:hynm_mach55:20180717174612j:plain

何度かブランドについてはご紹介しているので、

今回は、最近、ロンドンで受けたインタビューを

ご紹介します。

こちらをチクンとお願いします。

 

baileynelson.co.uk

 

インタビューは意外と長いので訳はつけておりませんが、

ご希望の方は依頼ください。 info@mach55.com

別にメールさせていただきます。

 

やり取りの中で、一箇所だけちょいと抜粋。

 

Q:「日本でも販売しているんだよね、なぜ、気にいられていると思う?」

 

A; 「日本の人はモノを選ぶときに流儀を持っていると思うんだ、

  そのモノの背景とか作られるときの過程とか、品質を大事にするし、

  価格を落とすために手を抜くことを望んでいないし、

  手作りにかかる手間を評価してくれる、、」

てなことを語っております。

 

違いのわかるオトコってやつを、

日本男子、世界にアピールできてます。

嬉しいかぎりです。

 

これ、見たことない人も多いと思うんで、、

違いのわかる男シリーズ、、

entertainment-topics.jp

 

M

 

展示会速報 3

おはようございます。

本日は、この暑い夏にピッタリのアフリカからのkanga (カンガ)を

ご紹介します。

 

東京メトロ公式チャンネル - YouTube

youtu.be

 

毎日、地下鉄で見ているこの動画、

東京メトロ石原さとみさん。

あら、

そうなんです、。

最初の登場シーンで

kanga のポーチをしてくれてます。

和とのミックスが素敵なコーディネイト。

 

このkanga は東アフリカでうまれたプリント生地。

「カンガ」はスワヒリ語で「Guinea fowlホロホロ鳥」。

ルーツは19世紀半ば、東アフリカで黒に白のドットプリントの布をまとった人たちが

同じ文様のホロホロ鳥に見えたところから来ているそうです。

ヨーロッパからこの柄をファッションに取り入れることが始まって、

今は、当初と違って、大胆なカラーリングと豊富なプリントデザインがあふれています。

同じくアフリカからのサイザルバッグ MACHAKOSを販売し始め、

今年から、このkanga も輸入し始めました。

f:id:hynm_mach55:20180713110602j:plain

f:id:hynm_mach55:20180713110606j:plain

f:id:hynm_mach55:20180713110548j:plain

f:id:hynm_mach55:20180713110620j:plain

豊富な柄から、いろんなアイテムが発売されています。

メンズのシャツやサコッシュ

f:id:hynm_mach55:20180713110821j:plain

もちろんワンピースも。

f:id:hynm_mach55:20180713110736j:plain

トートや巾着も大小あります。

f:id:hynm_mach55:20180713110900j:plain

お店によって、さまざまな柄とアイテムがでています。

 

この暑い夏にピッタリの一品。

気分も弾ける夏に、ぜひ。

 

M

 

展示会速報 2

本日は、MASTER&Co.

マスターといえば、マスターキートン

漫画部ならではの入り口ですが、、

やっぱり、面白いです。

がしかし、まさか、テレビでやっているとは、、

知らなかったですよ、、。

vod.ntv.co.jp

このお話を読んでいると、FRANK LEDER で勉強?しているヨーロッパの物語とかぶる世界があったりして、

そんなとこから読んでみるとまた、面白いですよ、、

と、話はそれましたが、、、

いわゆる、職人会社という名のブランド 「マスター&コー」

最近、とみに

女子力アップしている我らヨッシーと同じくして、

マスター&コーも女子力、いや女子ファン力アップしております。

 

すでにご紹介した、FUDGE 7月号では

マスター&コーのジェンダーフリーな女子ファッションが満載です。

www.sun-a.com

f:id:hynm_mach55:20180615190142j:plain

特集、ありがとうございました。

  

で、本来はメンズのワークものからうまれたブランドですから、

女子に負けてはいられません、、というところで、

今週末より、

メンズショップ、

水戸の影武者、、あ、失礼(それはおひげ)、

水戸の獅子丸、あ、失礼(それは、前の髪型)

水戸の若武者のお店、THREE ONE にて

MASTER&Co. フューチャーされます。

 

お店のオープン、5周年のお祝いもかねてのイベント。

若武者の選ぶMASTER&Co.を是非、見に行ってくださいまし。

f:id:hynm_mach55:20180704193934j:plain

f:id:hynm_mach55:20180712101538j:plain

Three one さんのインスタグラムより

 

 

 

 

 

 

 

展示会速報 

今日も暑い、暑い、暑い

夏です。

でもそんな中、我らは次シーズンの展示会をスタートしました。

今日から、1ブランドずつ、紹介しようと思います。

 

FIRST DAY OF ISSUE by FRANK LEDER No.3 

フランク リーダーがメインのコレクションの合間に

お届けするスエットとTシャツのコレクション。

そう、3回目のご紹介になります。

 

少しだけ、再説明。

なにかを記念して、グラフィック入りの封筒と切手が発売されます。

それに、その日の消印が付いたもの、

それが、一番グレイトなコレクターズアイテム。

切手集めが趣味の人の、もうひとつ凝った感じでしょうか。

 

日本の切手収集の場合、未使用のほうが価値があったようですけども、、

お国柄、違いますね、、・。

 

そのグラフィックをTシャツやスエットにプリントしたシリーズが

このブランドになります。

 

ちなみに、

No.1 で私、購入しましたのが、このTシャツ

f:id:hynm_mach55:20170704152006j:plain

1955年オーストリア国家条約記念らしい、、、の記念封筒のイラストから。

シルクプリントと熱写プリントの切手。

そして、忘れてならないパッケージ。

毎回違います。

この回はカーボードを封筒にしたて、ヴィンテージのモノホン切手とスタンプ、

裏はワックスシーリングで封がしてあります。

f:id:hynm_mach55:20170704153440j:plain

 

切手がほんとうに素敵、見てください。

f:id:hynm_mach55:20180710123816j:plain

f:id:hynm_mach55:20180710123829j:plain

f:id:hynm_mach55:20180710123850j:plain

フランクは、チェコスロバキア東ドイツのもの、1960年代前後くらいの、

のグラフィックが一番好きだそうでして、

チェコスロバキアもの、多いです。

 

f:id:hynm_mach55:20180710125832j:plain

ワックスシーリング。

これも、フランクさん、ひとつひとつやってますよ、きっと。

 

No.2 で買ったのはこのライトグレーのスエット

f:id:hynm_mach55:20180111150520j:plain

胸にプリントとワックスシーリングを洗えるようにラバーで作ったものが付いています。エルボーはジャーマンレザーのロングエルボー。

f:id:hynm_mach55:20180111150123j:plain

そして、パッケージは中世ヨーロッパの郵便制度で使われていたポストロール風。

ジャーマンレザーとビンテージベットリネン、という2大定番素材で作られています。

これだけでも、いろいろ使えそうです。

f:id:hynm_mach55:20180112155020j:plain  f:id:hynm_mach55:20180112155546j:plain

 

そして、今回が3回目のNo.3  

チラ見でお願いします。

そう、中央にあるビンテージっぽい袋たち。

f:id:hynm_mach55:20180709145422j:plain

今回はこれに入ってくることになります。

プリントは同じくFIRST DAY OF ISSUE 封筒のグラフィック もの。

お楽しみに~~。

 

あなたの大事な日の出来事はなんでしょう、、。

その日にイラストとか入れた封筒に郵便日付が入ったら、

それはプライベイトなFIRST DAY OF ISSUE ,

準備して、狙って、郵便局行って、消印もらって、、、

作るのも、あげるのも、楽しいかも?

いやぁ、意外に大変、ですかね。

 

あ、でも、ラグビーのワールドカップとか、

2020年のオリンピック、パラリンピックとか、

絶対記念切手もでるし、、、、発売日にどうでしょう。

たまには手紙やハガキを送る、、のも素敵です。

手書きの手紙やハガキは、

もらうほうは、

ほんとうに嬉しいものですから、、

 

M