British isles より神戸へ リミテッドの風。

British isles って?

と実はあまり聞きなれない言葉ですよね。

S.E.H KELLY のこだわりの元な言葉です。

「イギリス(英国)」と日本では一言で あらわすのが常ですが、

イギリスは、

英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国

なんですね、正式には。

ブリテン島の「イングランド」「ウェールズ」「スコットランド」そして、アイルランド島の「北アイルランド」の4つの地域から構成されていて、

本島の周りに、日本と同じように、小さな島々がたくさんあります。

 

S.E.H KELLY があえて「ブリティッシュ アイル」と表現しているのは、

その小さな島々にも小さなミルがあって、その人たちと作りあげていることを大事に思っていてのこと。

それぞれに、昔から続く技法で、糸をつくったり、生地を織ったり、、

そんな人々と、その土地への愛情が含まれているのだと思います。

 

そのS.E.H KELLY の今春夏コレクションに

今回、お店をあげて、ぐぐっとフォーカスして、ご紹介してくださるのが

ジャーナル スタンダード 神戸店さん!

そこでそのシーンを、よりストロングに、と

リミテッドな商品が実現、

3月8日から神戸店さん、での限定販売いたします

 

PROTECTIVE RIPSTOPという新素材で、

定番の1つボタンのテーラードジャケットとトラウザーです。

f:id:hynm_mach55:20180305133427j:plain

詳細につきましては、お店のブログをチクン、してください!

限定商品について、話ていただいています。

blog.baycrews.co.jp

 

なんだかうるっときそうなことを書いてくださっています。

ありがとうございます!!!

 

S.E.H KELLYは毎シーズンテーマがあって、という服作りをしていません。

既存の型は細部にアップグレードをかけ、いかに着易くなるか、素敵になるか、

に取り組んでいます。

新型はずっと続く型になるよう、研究を重ね発表しています。

 

春夏のルックブックにあった、メッセージを今日は皆さんに

お伝えしたいと思います。

すこし、長くなりますが、彼らの言葉をぜひ読んでみてください!

f:id:hynm_mach55:20180305135347j:plain

.................................................................................................

S.E.H KELLY  SS 2018   LOOK BOOK のコメントより

 

ここには、キャットウォークなんてない。照明もない。

ルックブックの撮影場所は、ガーメントを生産している、清掃されていない工場裏。

モデルは(言わないほうが良いと思うけど、)実際にはモデルではない。

ファッションショーでもない。 (↑ ポールです。)

照明、音楽、見た目が良い面々という点でもし考慮するならば、つまらないもの。

これらの服はスポットライトを浴びるために作られたわけではなく、写真栄えなど毛頭にないのです。

ここにある服は、着る者の日々の生活に特化してイメージされ、デザインされ、向上され、また、毎シーズンごとに精力的に改良されています。

それらは、着る喜びを与え、使用することに満足感を覚えるように作られています。

主に内側や、コートの肩部分の軽さであったり、座った時に感じるズボンの内側のゆとりの部分、手首の軽いカフグリップであったり。

もちろん外側にもと願わないわけではないけど。

例えば、ポケット位置の直線さや、不可解な肩の部分の仕様や、荒い生地感。

しかし、それらは、30歩下がった位置からのカメラのレンズではなく、

気をつけた自身の目で実際に知覚されるべきものであり、評価されるものである。

着るもののサイクルは1シーズンではなくなったということを忘れないで欲しい。

もっと長くなっていくでしょう。ここに載っている服たちは、長持ちするように作られています。

先シーズン手に入れたものの簡単な補強になったり、また次のシーズンだったり

そのまた次のシーズンのものであったり。

Brushed canvas trousersは、昨年の冬のウールピーコートと相性が良いし、

hopsack union clothのジャケットは、次に登場するモレスキンのシャツと完璧に合うでしょう。

夏の短い間だけではなく(英国ではそうなりがちだけど)、

一貫性を持った色合い、質感、デザインによって、着る人が望むかぎり長く着ることができるように。

................................................................................................... 

 

彼らはモードや過度なデザイン、スタイルを否定しているわけではありません。

ただ、彼らなりの日常の感覚がまっとうにシンプルに服作りに表現されている、ということだと思います。

 

 

神戸のみなさま、

近県のみなさま、

ぜひ、お立ち寄りください。

 

 M

 

業務連絡 秋冬コレクションです。

関係者さま

 

春夏商品が絶賛、店頭展開始まるの巻、、状況ですが、

全国のバイヤー様、

3月6日火曜日より

FRANK LEDER MENS &WOMENS 

2018-19年 秋冬コレクションの展示会が

スタートいたします。

 

これは参った、な感じのコレクションです。

f:id:hynm_mach55:20180303105548j:plain

 

展示会来場、お待ちしております。

 

そして、お客様、先の話ではございますが、

楽しみにしていて下さい!

 

スタッフ一同

春夏商品 Bathing shirtって。

この名前が付いているトップス。

今日は、colenimo からこのBathing shirt をご紹介。

今春夏、人気のアイテムです。

 

colenimo には、ずっと人気のトップスがあります。

それは、これです。

ピュアシルクのセーラーカラー。

f:id:hynm_mach55:20180301112822j:plainf:id:hynm_mach55:20180301112853j:plain

        f:id:hynm_mach55:20180301112900j:plain

このセーラーカラーは、不動の人気。

セーラーを前にしても、

前後ろ、反対にも着ることができるデザイン。

セーラーが少し、おもはゆいときは反対に着てください。

でも、大人のセーラーって感じで、子供っぽくはならないんです。

ほら。

f:id:hynm_mach55:20180301110514j:plain

これはこのデザインを出した当初、2013年春夏のモデル写真。

 

この人気ものに加えて、今春夏は

トップスに新デザイン、表題のBathing shirt が新登場です。

これです。

f:id:hynm_mach55:20170919012943j:plain

Bathing って入浴とか、水遊びとか海水浴、ってのに使われる英語で

そんな雰囲気の、カジュアルで、ラクチンなシャツです。

(え、ここで気づく、エイプって、、なんで、とブランド名の意味検索してしまいました。考えたことがなかったです。ぬるま湯につかった猿、甘やかされた若者へのアイロニー、、だったのですね。ふむ)

 

上の写真はイギリスの名門メーカーのコットンドリル生地のもの。

色は3色。他にホワイトとブラックがあります。

そして、これは、

f:id:hynm_mach55:20170911163353j:plain

コットンエンブロイダーリーレース生地。 もっと涼しげでさわやか。

生地のアップで見てみると、、

f:id:hynm_mach55:20180301112411j:plain

襟元をすこし、深めに開けて、スポーティっぽく見えるところを

すこし、フェミニンにしています。

f:id:hynm_mach55:20180301112523j:plain

 

こちらはインディゴ染めのもの。

f:id:hynm_mach55:20180301112607j:plain

f:id:hynm_mach55:20180301112433j:plain

f:id:hynm_mach55:20180301112611j:plain

colenimoのインディゴはWoad Indigo ウォードインディゴといって、

日本の藍染とはことなっていまして、

昔はヨーロッパでよく見られたWoad という天然染料を使っています。

ウォードの栽培から手法まで、その手間がかかることから

どんどん少なくなってしまっているそうです。

この染色は、イギリスの田舎で、老夫婦がこのWoad にこだわり、

無農薬で育て、収穫し、葉を乾燥させて、粉砕して、原料にする、

といった過程をへて、染色したものです。

藍染と比べると、すこしやわらかい?気がします。

f:id:hynm_mach55:20170919012837j:plain

 

今日は、東京20度になるといううわさです。

どうなってるんや~~。

 

はやくBathing できる夏が来そうですね。

 

M

 

 

 

 

 

 

春夏商品 インドからのロンドン

CABINET はイギリス、ロンドンにスタジオを持つブランドで

基本的にイギリス生産のブランドです。

ですが、今春夏、インドからの生地を始めてつかいました。

スペシャルプロジェクトとして、インドの織物生産に関係する女性たちを守るために立ち上げられた慈善団体 Women weave とのコラボレーションです。

 

それが、この生地 3種類です。

f:id:hynm_mach55:20180228141248j:plain

 

織物の技術を習得しても、工場や仲介業者にいく利益によって

女性たちの収入が守られていない、という現実を打開すべく、

イギリス人女性が立ち上げたチャリティー団体です。

彼女は、なるだけ織り手に利益が渡るように、直接、

デザイナーに仲介する事業を行っています。

 

彼女と知り合いになったCABINET のデザイナーが、今回、選んだのが、

オーガニックコットンを使い、

100% 天然染料で染め、

ハンドスピンした糸を、

手織りで生地にしたもの。

アップでみると、日本の刺し子と同じような印象ですね。

f:id:hynm_mach55:20180228141728j:plain

f:id:hynm_mach55:20180228141555j:plain

f:id:hynm_mach55:20180228141701j:plain

こうして手織りの機で織っています。

f:id:hynm_mach55:20180228191715j:plain

鶴の恩返しの機(ハタ)に近い?同じでしょうか、、

日本の神話時代から機織はあったようですが、

発祥はどこなんでしょうね。

とまた、グーグル先生に聞きますと、

中国では約7500年前/絹、エジプトでは約6000年前/麻、

の織物が出土しているそうです。

日本では、縄文時代、だそうですよ。 とてつもなく昔でした。

 

これは今のインドの女性が織っている写真。

f:id:hynm_mach55:20180228191759j:plain

 

さて、商品ですが、 

今日はその素材のシャツドレス を紹介します。

f:id:hynm_mach55:20170916092555j:plain

3/4スリーブで裾はあえてのカットオフ。

前あきの、リバーシブル共布ベルト付き。

ボタンは白で大きめ

f:id:hynm_mach55:20180228141431j:plain

いまさらですが、

ブランドネームタグは、ニッティングされた CABINET の ' C '

襟元の裏地はデニム

f:id:hynm_mach55:20180228141351j:plain

 

こんな感じで、前を開けてロングコート風にも着用できます。

夏のお出かけに重宝しそうです。

f:id:hynm_mach55:20170910133814j:plain

スカーフはロングタイプです。

f:id:hynm_mach55:20170910155310j:plain

 

シワにもなりませんので持ち運びにも便利。

リバーシブルのトートバッグもあります。

f:id:hynm_mach55:20170916094523j:plain

 

ちなみにCABINET のタグは和紙のようなペーパーにエンボスのロゴ。

こちらも、爽やか。

f:id:hynm_mach55:20180228141613j:plain

 

夏の風、感じてください。

 

M

 

 

 

春夏商品 S.E.H KLLEY から。

今日はS.E.H KELLYよりのご紹介。

ジャケットに特化してご紹介したいと思います。

SEHK は3型のジャケットを販売しています。

簡単には

SB1  1つボタン

SB2  2つボタン

SB3   3つボタン

それぞれ、

シーズン毎に細部にアップデイトがかかっていて、

またシーズン毎の素材感で、印象がちがったります。

今春夏でいいますと、3種類の生地を使用

SB1  LANCASTRIAN UNION HOPSACK 生地使用

         重厚な印象のホップサックリネン。実は通気性が高く、春夏にはもってこい。

SB2  NORTHERN IRISH PINPOINT LINEN生地使用

  北アイルランド産、3色の細いリネン糸で織った生地で、まだら模様のような見栄がかりに。

SB3  SOMERSET TOW-PLY WORSTED 生地使用

   1930年代の生地を見本に当時とまったく同じ機械、手法で織った上品なクラシックテイストのウール生地。

 

f:id:hynm_mach55:20170829180252j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20180226143313j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20180226155706j:plain

 

  

 

3つに共通するディテールは

襟部分、ラペル部分に施されている手仕事、

boutonnièreブートニアホール(花を挿す! いるかなジャパメン)と

ラペルの裏のその花を押さえるチェーンステッチ。

f:id:hynm_mach55:20180226120130j:plain

あと、共通はホーンボタン。

現在、イギリスでは最後の一つとなっている工場でカット、シェイプ、研磨されているボタンです。もともとは、 ミッドランド地方の伝統を継承しており、18世紀、お肉の市場だったことからはじまって、ボタン工場が多い地区でもありました。

しかし、時代の流れで、今や1軒となってしまったそうです。

じゃ、日本はどうなんだろう。

グーグル先生に聞きましたところ、どうも、ホーンボタンの歴史はあまりないようで、

貝ボタンには歴史があるようです。今でも残っているようですが、ただ、ほとんどが樹脂によるボタン生産が主要となってしまっているようですね。

自然のものを使って生産することの難しさを感じます。

 

SEHKのボタンを見ていると、ホーンボタンのプラスチックにはない、しっとりとした質感、なんとなく感じていただけるのではないでしょうか?

 

SB1 は襟とラペルを留めるダックステッチ(バツに縫われてステッチですね)、

にも手仕事を見てとれます。

f:id:hynm_mach55:20180226120126j:plain

 

袖のボタンは、通常より、ほんの少し上めに。いずれもフロントのボタンと同じ数。

f:id:hynm_mach55:20180226120159j:plain SB1

f:id:hynm_mach55:20180226120629j:plain SB2

f:id:hynm_mach55:20180226155727j:plain  SB3

 

シルエット

SB1:  ボックスシルエット で一番カジュアルに着ることのできるスタイル。

SB2:  着丈を少し長く、シェイプを少し利かせて、少しフォーマルにも見えるスタイル。スタンダード。  

SB3: 3つの中で一番クラシックなスタイル。一番シェイプが利いていて、着丈も長い。

 

SB2の両サイドのポケットはフラップポケット

f:id:hynm_mach55:20180226120428j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20180226120452j:plain

 下の写真は、フラップポケットをインした様子。

綺麗に入ってますよね。

これは、このように、少しずらしてフラップをつける気遣い設計です。

f:id:hynm_mach55:20180226120517j:plain

 

SB3の両サイドポケットはパッチポケット、プラス、グローブポケット。

イギリスらしいディテールかな、と思えるところ。

 f:id:hynm_mach55:20180226155639j:plain

 

というわけで、今日は違いを抜き出してみました。

いかがでしょうか?

 

さて、今シーズンの一番人気はどれだったでしょうか?

 

答え、今シーズンはSB2 です。

 

素材感もあるので、シーズンによって変わったりします。

 

ブリテッシュスタイルのモダンバージョン、

ぜひ、3種類、お店で着用してみてください。

 

M

 

 

 

 

 

 

春夏商品ご紹介。

連日、リミテッドアイテムをご紹介してきたのですが、

今日は、本ちゃん、

FRANK LEDERの春夏コレクションから、

bohemia(ボヘミア)シリーズをご紹介します。

f:id:hynm_mach55:20180221191018j:plain

今シーズンはこのようなネームタグが付いています。

これ、いい感じやんけ、と手に取ったガーメントが

なんていうブランドか、FRANK LEDERに似てんな~、

と思いきや、FRANK LEDERです。

 

実験的ルーツに戻って、

ひとつひとつの定番に染めて、色ヌキして、、のFUNDAMENTの

そのものの強い印象と並ぶ本ちゃんシリーズにするために、

あえてのタグです。

スタンプ押しして、F.Lと赤字糸の頭文字刺繍のセット。

商品によって、ランダムについてます。

 

デザイナーからのちょっとした問いかけ、、

ブランド名で買う、それをちょっと疑ってみる、

そんなことでも思ったか、どうか、、

これは私の感想です。

 

そんな「ボヘミア」シリーズは、彼の父のうまれ故郷「ボヘミア」からのオマージュでもあり、「ボヘミアン」なマインドとスタイルからもインスピレーションを受けたものになっています。

f:id:hynm_mach55:20180223113742j:plain

今日は、シャツに特化してご紹介。

f:id:hynm_mach55:20160416015901j:plain

f:id:hynm_mach55:20180221191219j:plain

これは胸にボヘミアの町の古いビンテージカードがプリントされています。

実際にポケットを使うときは、

自分で裂いてください、というくだり。

f:id:hynm_mach55:20180221191414j:plain

このリネンのストライプシャツは一見、フランクらしい、いつもの感じ、、!?

ですが、ボタンが取り外し式になっていまして(これはFLチームなら良くご存知ですね)もう、一本ボタンのリボンがついています。付け替えることでボタンの色が変わり、印象が変わります。

f:id:hynm_mach55:20180221191444j:plain

f:id:hynm_mach55:20180221191528j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20180221191628j:plain

FRANK LEDERは、ご存知のように、ビンテージボタンを多用するのですが、

ボタンに対して、全体感のポイントとしていまして、それが、着る人のコーディネイトを幅広くすると思っています。

ボタンの色が変わることで、ボトムやシューズ、カーデやジャケット、

色あわせがひろがるんです。

f:id:hynm_mach55:20180221191801j:plain

そして、このさわやかなパッチワークのコットンシャツ。

そこに、ドリフティングポケットが!

f:id:hynm_mach55:20180221191752j:plain

右胸の下のポケットが斜めっています。

今シーズンのインスピレーションポケットです。

 

そのインスピレーションは、ボヘミアの昔のお祭りから。

村の男子の競技大会で、村の乙女が恥ずかしながら観戦にきて、

きゅん、と恋をして、カップルが生まれる、っていうやつですね。

それが、このルックブックの奇妙なモデルスタイル

f:id:hynm_mach55:20160415235456j:plain

ポケットの向きがななめるわけ、です。

 

厳しい規律に基づいた伝統的な男性達の心技一体の追求、。

FRANK LEDERのメンズコレクションの根底にながれる

男気的なところは、ここからうまれているところが多いのです。

昔から、、

ってことで懐かしい写真など。

騎士校の学生たち 

(2004年秋冬コレクションのテーマの一つ。この写真はフランクが雑誌でそのイメージを特化してエディトリアルしたページのものです)
f:id:hynm_mach55:20180223114808j:plain

 そして、この時のデザインコートが,本日23日より販売される1LDK AOYAMA HOTELで販売されるコートの元デザインのシーズンなのです。

24日土曜日は、青山でも、札幌でも、

ウチのスタッフがお邪魔している時間があると思います。

見つけたら、ぜひ、質問ぜめ、してください。

貴方のほうが詳しかったら、、、、。

反省部屋行きです。笑

f:id:hynm_mach55:20180223120633j:plain

これは実在する元騎士校の反省部屋の壁。

 今は観光用になっているようですよ。。

 

M

この機会にWEB MAGAZINE2つ リコメンド。

前回、The old curiosity shop の一品紹介の際にも

リンクをつけたウェブマガジン TYO MAGAZINE.

今回のFRANK LEDER X 1LDK の記事を載せていただきました。

f:id:hynm_mach55:20180214123240j:plain

TYO magazine » こだわりの別注企画アイテムの第3弾!──『FRANK LEDER』

 

音楽とファッション、映画に時事ネタ、そして、忘れちゃならないフクシマブンカハッシンプロジェクトも。

発信者のこだわりがストレートにガツンときますよ。

この機会にチクンくださいませ。

コラムもあります。

TYO magazine » ブラインドからのぞき見た世の中 VOL.199『保身大国、ニッポン』

 

こちらにもあげていただきました。

からだけじゃないですよ、、、。

こちらもクリエイターに特化したお勧めマガジンです。

quotationmagazine.jp

 

もちろんのこと、このブログをやっている

こちらはもう、みなさん、これをご覧いただいる時点でご存知ですものね。

www.houyhnhnm.jp

 

いろんなウェブマガジンがありますが

みなさんは、なにをチェックしていますか?

しりたいな~

 

M