一品紹介 No.11

No.11  シューズのTRACEY NEULSを。

トレーシー ニュールズのショップはロンドンで2店舗。

この2つが、とてもブランドの印象を伝えくれるとおもうのでまずは紹介します。

1つ目は本店。

場所はロンドンのセンター「セルフリッジ」(伊勢丹のような)というデパートがあるところを奥に行ったところにあります。

地区的には落ち着いた感じのエリア。

靴屋さんだけど、パッと見はそう見えないお店です。

下のリンクでグーグルマップ先生も参考ください。

f:id:hynm_mach55:20180126193837j:plain

もう一つはイーストのショーディッチ地区 RED CHURCH STREET にあります。

よりアーティスト感覚が強いディスプレイになります。

そう、どちらの店舗も靴があんまり並んでないからでしょうね。

作品のように飾られています。

ちょっとしたギャラリーのようなたたずまいです。

f:id:hynm_mach55:20180126193931j:plain

traceyneuls.com

 

 これはニューヨークタイムのウェブでREDCHURCH STREET のお勧めショップ

がでていますが、もちろんトレーシーのお店も取り上げられています。

ロンドンへ行く前にどうぞ、チェックください。

www.nytimes.com

 

 さて、春夏の一品紹介です

f:id:hynm_mach55:20170713122732j:plain

このタイプはRAY という名のレザーのミッドソールタイプ。

パンチングレザーとスムースレザーのコンビで、春夏仕様です。

ホワイトレザーもあります。

f:id:hynm_mach55:20180129135435j:plain

ボディからヒールにかけて一枚革で仕上げている美しいラインが特徴。

ハンドメイドのタイプです。 

もちろんのこと、ブランドの特徴、鼻先がちょんと上がっているような

トゥのデザイン、小指のところがすこし膨らんでいるデザイン。

履き心地も考えられています。

 

そして、春夏関係なく

このLOWTOP というタイプは定番で続けているスタイルです。

横から見ると指輪をはめているように見えるトップデザイン、

ヒールはラバーソールヒール。

ころんとした感じですが、安定感はあります。

ラバーなので、弾力があり、通常のヒールに比べて疲れ知らず。

f:id:hynm_mach55:20170726161430j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20180129134351j:plain

上からみるとこんな感じ。

f:id:hynm_mach55:20180129134325j:plain

トップをパツンとカットした、このタイプも定番です。

f:id:hynm_mach55:20170201173602j:plain

 

今年の春夏では、こんなタイプも人気がありました。

 

f:id:hynm_mach55:20170726163000j:plain

f:id:hynm_mach55:20180109164019j:plain

f:id:hynm_mach55:20180109163943j:plain

足元にこうしたポイントを持ってくるのは難易度が高い、と感じる方が多いですが、

実は、この色やデザインを足元に差し込むだけで、

さりげないシーズン感、おしゃれ感 アップしますよ。

たとえば、いつものTシャツにジーンズ、そして、カラーシューズ。

これだけで、ノームコア脱出。

いつものスカートにリネンブラウス、そして、カラーシューズ

これだけで、ナチュラルスタイル脱出。

 

すこし、いままでのスタイルを崩して楽しむには、

抜群の効果を発揮します。

ぜひ、春にトライして欲しいです。

 

M

 

 

 

 

 

一品紹介 No.10

おおお10ブランド目です。

 

今日はバッグ続きでCHARLIE BORROW チャリー ボロウ

イギリス、ロンドンのイーストにワークショップを構えるバッグブランドです。

そこで、一人で革の状態から商品にするまでをやっています。

 

昨年、初来日を果たしたので、皆様にも東京日記

読んでいただい、あのチャリーです。

f:id:hynm_mach55:20180124183503j:plain

これを1年使い込むと、こんな感じになります。

f:id:hynm_mach55:20170308134926j:plain

やわらかくなり、色に深みが増してきます。

デザイナーいわく、「修理し続けて、ずっとずっと使えます、

ずっとずっと相棒として使ってください。」と。

 

 

ときどきチャーリー ブラウン、とマジで無意識に間違われます。

つい、チャリーといえば、ブラウンが口についてでる感じなんでしょうね。

わかります。

間違われると、すこし、なんだか相手に対してあったかい感じになる間違いです。

小さい頃、このペーパーバッグを持ってました。

スヌーピー仲間の中ではライナス(下の真ん中)が好きでした。

f:id:hynm_mach55:20110316140911j:plain

これです、これです。

このサイズ感と紙質が、異国のものっぽくて好きだったんですよ。

こちらのHPで見つけました。今も古本として売っているようです。↓

神田神保町 小宮山書店ブログ 古本古書買取 新入荷品・写真集他 » PEANUTS のペーパーバック

よくみたら、2011年の記事でした。まだ、あるのかな~~。

 

さて、話をもどし、チャーリーの春夏の一品は、

 3mm 厚さのオークバークなめしをかけたレザーを使って、

チャーリーが手作業で作りあげる小さめのショルダーバッグ、

新作です。

f:id:hynm_mach55:20180126112159j:plain

これは、昨年、東京に来て、バイヤーさんたちとコミュニケーションを持った中で、

うまれた商品です。

アップするとレザーの厚みと白く粉が浮いているレザーの特徴が良くみえます。 

f:id:hynm_mach55:20180126111852j:plain

ディテールを見てください。

もちろんのこと、手縫いです。

f:id:hynm_mach55:20180126111927j:plain

内側にストラップのが通ってますので、これを抜くと

クラッチにもなります。

あら、ストラップはベルトにもなるのでは?

f:id:hynm_mach55:20180126112019j:plain

コッパーのリベトは手打ち

f:id:hynm_mach55:20180126112042j:plain

f:id:hynm_mach55:20180126112214j:plain

開け閉めはデザインにも落としこんだ少し長めのストラップに

ブラスの留め具とパーツ。

f:id:hynm_mach55:20180126112054j:plain

 この写真、ブライドルレザーの特徴が良く見えています。

白く浮き上がる粉のような表面。

これが長い時間をかけてしみこませたロウが出ているあかし。

使い続けることで、

染み入り、染み入り、いい感じの具合になるのです。

 

チャリーが使っているオークバークなめしのレザーは天然なもの

(オークバーク<ブナ科で楢や樫の木>とミネラル水のみ)を使い

18ヶ月もかけているといいます。

手作業で色付けし、オイルとグリースを混ぜたもので熱硬化させることで

色を付けているそうです。

 

なんといってもしっかりとした堅牢なレザーなので、

時間を掛けて使ってください。

なにごとも、瞬時な現在。

手元にずっといる相棒も、たまにはいいんでは?

 

靴とバッグ。

お気に入りで長く使うには、やはり愛情という手入れが必要です。

時々、

靴のかかとが擦り切れていたり、

(あ、それ以上行くと修理不可能になりますよ、とおもうときも)

バッグのある部分の革がはげて、下の素材が見えていたり、

これは、顔に食べかすが付いているのと同じ感覚。

毎日鏡をみるように、

靴やバッグにも、

目線を。

愛着を持って手入れをすれば、どんなものでも、

どんなに古くても、そのものが貴方の印象を下げることはありません。

 

せっかくの愛用品、大事にしてくださいね。

 

M

 

 

 

一品紹介 No.9

オーラ アミーゴ!

今日ご紹介するのは、LE_BAS です。

ル_バスと読みます。

アルゼンチンより届いています。

(リネンはアイルランドより)

 

アルゼンチンはスペイン語

スペイン語は日本でアルファベットのカナ読みそのまま、だから

日本人にはとっつきやすい外国語ではないだろうか、とおもったりします。

だって、amigo/アミーゴって、みなさん、ほとんどの方、聞いたことあり、でしょ。

「友達」って意味ですが、アルファベット読みそのまま、、でしょ。

 

LE_BASはアルゼンチンとアイルランドに分かれて暮らす

アミーゴ2人がオーガナイズしているブランドです。

(もともと2人ともアルゼンチンだったのですが、一人がパートナーの関係でアイルランド在住になったのです)

 

アルゼンチンの詳しくはこちら外務省のページから、、

アルゼンチン基礎データ | 外務省

 

主食は肉といって過言でないアルゼンチン。

だいぶ前、そのへんをこのブログで紹介したことがあります。

アルゼンチン料理も含め。

 

そう、ということは皮がたくさんあるってことですね、

昔からのレザー職人文化がまだまだ残っていると聞きました。

そこに目をつけたのが、それぞれに、ファッション関係で働いていた

デザイナー2人。

地元職人と、地元の素材で、とレザーアクセサリーブランドを立ち上げたわけです。

フルベジのレザーを使って、

職人技でデザインはシンプルに、

ただ、少しばかり、ストラップが長かったり、

付け位置が違ったり、

ただのシンプルかと思いきや、良く見ると独自のバランスがあります。

そして、細かな配慮がディテールに入ります。

ポケットとか、、

一番人気のバッグはこのショルダー

f:id:hynm_mach55:20180124163614j:plain

f:id:hynm_mach55:20180124163621j:plain

背面にストラップの取り付け位置がくるので、

シュルダーしたときに、体にそって納まるので、

落ち着き感があります。

 

レザーの色展開は4色 ナチュラル、ブラウン、ネイビー、ブラック

f:id:hynm_mach55:20180124150927j:plain

フタをあけますと、内側に一つ、ジッパー付きのポケット

f:id:hynm_mach55:20180124150753j:plain

f:id:hynm_mach55:20180124150800j:plain

外側にもポケット。

このポケットは使いやすさを増しますね。

意外と収納力あり。

自己主張しすぎず、コーディネイトとあわせやすいバッグです。

 

他には、リュックやトート、お財布↓(新作)、などもあります。

色はこちらでご確認ください。

左上がネイビーですね。下がブラック。

f:id:hynm_mach55:20180124150902j:plain

レザーは丁寧になめしてありますので、

いい感じのクタリ感がでます。

飽きのこないレザーグッズとしてお勧めです。

 

余談で、アルゼンチンといえば、チェ ゲバラ氏ですよね。

となると、思い出すのはこの映画、

www.youtube.com

そして主演のベニチオ デル トロさん

結構、好きなんです。

脇役、悪役で異彩を放つ人だとおもうです。独特の色、ツヤあります。

寝不足なクマがあって、、、。

 

この映画、端役だけどブラピさんより覚えてる。

イギリス映画「SNATCH」

movie.prerevi.com

イギリスのスラングが相当使われているらしいです。

TRAINSPOTTING が好きな方、見てみてください。

イギリス好きな方には見て欲しいです。

あ、でも美しいイギリス系好きの方はご遠慮ください。笑

 

と、話はそれましたが、日本でもゲバラさんと革命を共にした人が!!

そんな方が歴史の中にいたのですね。

この映画、見たいです。

www.ernesto.jp

 

みなさんは、最近、どんな映画みてますか?

 

一品紹介 No.8

今日はcolenimo です。

イギリスのブランド、

全てを英国で生産していて、

イギリスらしい生地や時にビンテージの生地

そして、クラシックでメンズライクのようでフェミニン、

強さの中にしなやかさがあるブランドです。

f:id:hynm_mach55:20170917231042j:plain

このブランドは実在した女性を、そのコレクションのミューズとして

イメージすることが多くあります。

実際に時代を築いた女性や、その存在が今の時代を作った女性、

 

時代を堂々と生き抜いた人。意思を貫いた人。

そんな女性たちに毎回のコレクションで想いをはせる私たちです。

 

今春夏のインスピレーションとなったのは、1930年代のパリでその美しさが

世間を騒がせた、ルーマニア人モデルRenée Perleです。

持ち前のシックさと、写真映えの良さで、

フランス人のフォトグラファーJacques-Henri Lartigue のお気に入りのモデルとなり、彼のミューズだったといわれています。

彼の撮ったRenéeのポートレイトは、彼女を魅惑的なチャーミングでミステリアスな

女性として、限りなくその印象を映し出しています。

 

f:id:hynm_mach55:20180124123025j:plain

f:id:hynm_mach55:20180124123007j:plain

f:id:hynm_mach55:20180124123017j:plain

 

では商品紹介を。

たとえば、このコートにスカート

f:id:hynm_mach55:20170911171742j:plain

f:id:hynm_mach55:20170911172953j:plain

このストライプ生地はポルトガルでデッキチェアやテント地などを生産しているファクトリーのものをつかっています。

素敵な夏印象のストライプ&シャワープルーフ

生地自体は軽くて薄手の素材感です。

春の霧雨なんかだと、傘なんかささなくてだいじょうぶ。

スカートのデザインは、新型でボリューム感たっぷりのフレア。

すこしボーイッシュにイメージを変えられるサスペンダー付き。

f:id:hynm_mach55:20170919012545j:plain

コートは定番で人気のデザインに取り外しできるフードが付いています。

少し大きめに、羽織るように着るコートです。

 f:id:hynm_mach55:20180124131932j:plain

f:id:hynm_mach55:20180124132032j:plain

レインコート代わりもいけますね。

f:id:hynm_mach55:20170919012546j:plain

この2色ストライプで販売です。

f:id:hynm_mach55:20180124132109j:plain

 

 

 

夏が待ちどおしいですね。

今、雪が降っている地域のみなさん、

もう少しの辛抱でございます。

 

M

 

 

 

一品紹介 No.7

今日はひどい雪の残骸、、、

うちの植木は散々な状況でございます。

 

でも今日はすっごいいい天気。

そんな天気に合わせて、本日は、Tatty Devine を。

いかにもイギリス、ロンドンなこのアクセサリーブランド。

ロンドンのイースト、ブリックレーンを本拠地にしています。

新年、デザイナーの2人がインタビューでこれまでのこととか、

これからのこととか、語ってます。

ぜひ、リンクで読んでみてください。

f:id:hynm_mach55:20180123105251j:plain

www.tattydevine.com

 

 彼女たちはパースペックスというアクリル素材を使って

ハンドメイドでジュエリーを今も作り続けています。

ロンドンっぽくて、遊びがあって、キッチュで、ポップ

カラフルだし、、、とそのテイストはずっと変わらない彼女たちの世界。

 

日本ですと、どうしても、プラスチックなアクセは

ヤングな女子がつける印象がありますが、

大人女子も、大人コーディネイトに、一つヌケ感を出すことで違った印象になります。やっぱり、キメキメも、なんですから、、。

ぜひ、取り入れて欲しい、と思っております。

ずっと続けているコレクションがあるのですが、

その中でも、人気は、やはり、デビュー当時から作っているヒゲアクセ、

f:id:hynm_mach55:20120202164635j:plain

立体的で、今での人気のバナナ

f:id:hynm_mach55:20120202162822j:plain

なんかがあります。

 

そして、このブランドの、すごいな、って思うとこは、

ことごとくな美術館のショップに入っていることなんです。

テートモダン

ヴィクトリア&アルバート

デザインミュージアム

ナチュラルヒストリーミュージアム

ファッション&テキスタイルミュージアム

などなど、、、

ちゃんとファッションとアートのミックスであることを認められている

ってことですものね。

日本でも入るといいなと思っています。

 

ネームネックレスというのをやっていますので、

それでオリジナルのネームを作って、、

どうでしょうか。。

公開オファー!?

 

そして、今、雑貨のメーカーさんとコラボして、

アクセ以外の販売も始めました。

一部をご紹介。

ポーチにパスケース、バッグタグ、封筒セットにノート、ポストイット

アクセサリーボックスまで。

f:id:hynm_mach55:20180123111255j:plain f:id:hynm_mach55:20180123111435j:plain

f:id:hynm_mach55:20180123111533j:plain f:id:hynm_mach55:20180123111546j:plain

f:id:hynm_mach55:20180123111720j:plain

 楽しい雑貨がたくさん!

ぜひ、お店をのぞいてください。

info@mach55.com 

 

最後にTatty Devinのアトリエの壁の写真でも。

f:id:hynm_mach55:20131122125710j:plain

f:id:hynm_mach55:20131122130016j:plain

HAPPY !

 

M

 

 

 

 

 

一品紹介 No.6

東京は今日、雪です。

今、お昼前、、シンシンと降っております。

みなさんのところはどうでしょうか。

 

さて、今日で6回目となりました一品紹介。

継続は力なり、、全ブランドが終わるまで、まずはお付き合いを。

 

6回目はマスター&コー 

なんでだ!

そう、今、バイヤーさん向け、展示会を開いているからです。

あざといです。

ここで、ちょいと宣伝をして、販売してくださるお店の後押しに?

お客様に買いに行っちゃおうかな、と思っていただけるように、

店頭でセールストークに使っちゃおうかな、となっていただけるように、

売れたんだったら又、注文しちゃおうっかな、とバイヤーさんに展示会に来ていただけるように、そして追加注文を!なんてたくらんでいるわけです。

ちなみにバイヤーさま、展示会は1月26日までです。

たくさんご注文いただいたら、注目商品として、

スタイリストさんや編集者さん、雑誌にもお勧めできちゃったりして、

そしたら、いい感じ、、と掲載されちゃったりして、

それを見たお客様が、買いに行っちゃおうかな、、と思っていただいたりして、、、、

 

というふうに、

仕事はいろんな方といろんな思いでつながっております。

相思相愛でまわる、回る、です。

 

さて、マスター&コーといえば、定番・

そこで、

なんだか売れてるらしいっす、と聞くこの雑誌

「LaLa Begin 」

f:id:hynm_mach55:20180118155320j:plain

スタンダード女史へのお勧めがたくさん載っています。

そこには、やはり、

f:id:hynm_mach55:20180118165645j:plain

そりゃ、まあ、登場ですよ。ふふ。

レイルマンバッグ。

このなんともいえない短いもち手が特徴のトートバッグ。

いつも語って、しつこいので、ご説明はやめときますが、さわりだけmm

マスター&コーではレイルマンバッグと呼んでいます。

アメリカの鉄道員さんが使っていたバッグを踏襲しているからで

ございます。

 

 

では、メンズでは?

やはりはずせません、、クルーエルオムさんより、

定番、チノパン=マスター&コーではオフィサーパンツ、とも呼んでいる

太め、ロングのチノパンツ

ホワイトとブラックの着こなしを見せていただいています。

左ですね、白。ロールアップがポイント。 

f:id:hynm_mach55:20171221194650j:plain

ブラックですね。付けて販売しているコットンベルトをポイントとした着こなしを紹介いただいています。

なるほど、このバランス感は若手男子にはいいんじゃないでしょうか!

 

f:id:hynm_mach55:20171221194730j:plain

 今、ベルトたらし、、が流行っておりますが、

こうして、きっちりベルトをするのも、新鮮です。

 

このパンツの着こなしお勧めは、ちょっと大きめをはく、なのですが、

セオリーはありません。

すっきり、綺麗にジャストをはくのも良しですし、

2サイズくらい大きめをはくのも、いい感じです。

女子だとかわいいです。

 

そして、自分のサイズが決まったら、ぜひ、2色くらい、

手に入れていただけると、、

1週間コーデが大変、楽になります。

もちろん、洗濯もok。

ただし、濃い色が付いているものは、裏かえしにして洗ってくださいね。

できれば、おしゃれ着洗いをつかうのをお勧めします。

あ、でも、かえって古着っぽく、「あたり」を出したいときは、

普通の洗剤で、だいじょうぶです。

 

それと、とってもまれですが、ポケットに砂が残っているときがあります。

ほんとにまれですが、、、すみません。

それは、製品洗いをかけたときの名残りです。

お許しください。

こなれた感を出すために、

バイオストーンウォッシュという洗いをかけていますので、

そんなことになります。

ポッケを裏返して、払ってください。

へんなものではございません。

 そんな洗いをかけているので、ご自身でどんどん洗っても

もう縮みません。ご安心を。

 

そう、この「洗える」というのが、マスター&コーの隠れたコンセプト。

そこでこの季節、洗えるニットの登場です、さね。

f:id:hynm_mach55:20170715103412j:plain

f:id:hynm_mach55:20170715103249j:plain

このニットは先に登場したウール100%のハイゲージニットの次にでた

ギザコットンのニットです。

色は2色 ホワイトとブラック ¥23.800税別

ギザコットンは、ほぼ撚りのない状態でリリーヤーンという方法で糸に

したことで、通常のコットンの糸より、ほぼ綿に近い状態から糸にしているため、

抜群のやわらかさ、と軽さを誇ります。

なので、ちょっと厚めに見えますが、とってもソフトで軽いニットです。

見た目はワッフルのようですが、

実はしっかり目が詰まっています。

f:id:hynm_mach55:20180120141109j:plain

f:id:hynm_mach55:20180120141126j:plain

糸の状態で洗いがかかっていますから、縮みにくい。

こんな特徴からフルシーズンイケルニット、として今注目されているそうです。

 

リリーヤーンってあのリリアン編みと同じです。

、、って懐かしくないですか、、

あ、これは、ある年齢以上の方ですね。

昔、流行ったんですよ。とっても。

知らないヤングに、これ付けときます。

100キンでかえるようです。

www.youtube.com

 

最後にハイゲージニットはともかく万能。

f:id:hynm_mach55:20161015165105j:plain

f:id:hynm_mach55:20170121131336j:plain

こんな色も揃ってます。

クルーネック、Vネック ¥13.800 税別

カーディガン ¥15.800 税別 

ともに、ダストバッグつき、旅行に便利!

f:id:hynm_mach55:20180120142129j:plain

よろしくおねがいします!

 

M

 

一品紹介 No.5

本日は、レディースをさしこんで。

CABINETを。

 

CABINET はイギリスはロンドン、ハムステッドという町に

スタジオがあります。

このブランドは、この場所のオーラもすごっくまとっているので、

まず、そこからご紹介したいと思います。

 

そこは、ロンドンではちょっとスノッブな、いいお家がある住宅街。

通常の短いロンドン観光では訪ねない場所かもしれません。

センターから地下鉄で20分くらいですから、東京での感じだと

用賀、成城、そんな感じ。

でも、もし、貴方がすこし癒しを求めているならば、

ぜひ、足を伸ばしてもらいたい場所でもあります。

 

住宅街にあるのが、リビングストーンスタジオ。

ギャラリーショップという名がふさわしいようなお店。

個性的な作家さんものをはじめ、洋服や雑貨を扱っているお店です。

イギリスの有名女優さんなんかも顧客の落ち着きある雰囲気のお店です。

もちろん、CABINETも販売しています。

 

ここは

18世紀初期の馬車小屋の回廊をそのままに使った美しい建物です。

その奥に、CABINET のアトリエがあります。

f:id:hynm_mach55:20180119105102j:plain

f:id:hynm_mach55:20161105161319j:plain

ハムステッド観光はこちらをご参照ください。

london.navi.com

 

タイルなんかも当時のまま、

f:id:hynm_mach55:20170220133307j:plain

とそんなお店の奥に響くのは、ニットマシーンの音。

シャカシャカ、、シャカシャカ、。

それは、昔から使われているハンドマシーン。

f:id:hynm_mach55:20170220130353j:plain

CABINET のニットは、商品も、

家庭内手工業の伝統のなごり、を受け継ぐニッターさんたちが編んでいます。

 

今、店頭にならんでいるブリティッシュアルパカは

イギリスではやはり珍しく、もとは趣味で飼われ始めたそうですが、

その毛を糸にして、編んで、製品にする、ということが、

実は国内では前例がなく、

デザイナーが声をかけて始めたプロジェクトでもあります。

 

そうして、うまれたブリティッシュアルパカのニットを着て、

コーヒーを飲んでいるのは、

そう、原田さん!

ブレンディ40周年おめでとうございます。

blendy.agf.jp

f:id:hynm_mach55:20170705191501j:plain

あったかそうで、原田さんのイメージにもピッタリです。

さりげない、2トーン。

どちらの色も、アルパカくん本来の毛糸の色。

自然な色のままです。

 

そして、残念ながら春夏にはアルパカくんは登場しません。

その代わりと言ってはなんですが、

春夏登場は、インドよりの刺し子のような生地。

f:id:hynm_mach55:20180119130655j:plain

インドの働く女性たちを守る団体がイギリスにありまして、

それに携わる女性とのつながりで、今春夏、初めて登場する素材となりました。

これはまた、今度、詳しくご紹介しますね。

今回はイメージ写真を。

f:id:hynm_mach55:20170910111704j:plain

 

なんだか春が待ちどうしいですね、。

今日は、大寒の日、だそうですが、東京は春を感じさせるような日です。

みなさん、良い週末を。

 

M