一品紹介 No.4

今日はS.E.H  KELLY 

今年の春夏で、いちばんブランニューな素材を紹介します。

彼らが始めて使うハイテク素材なのです。

 

そもそも飛行服のために開発された素材、

それは、ベンタイルと同じ発祥ですね。

BRITISHI ISLE 産のものしか使わないSEHKですから、

生産は、英国のヨークシャー地方にある、

創業250年を誇るファクトリーで織られている生地をつかっています。

特徴は、強度があり、軽くて、伸びにくく、熱や摩擦、切創、衝撃に強いし、

電気を通しにくい、、と万能感あふれる言葉が並びます。

なんか、暑そうじゃん、?

いえいえ、通気性にも優れていて、肌にくっつかないという特性も。

 なので、軽いアウターにピッタリ。

 

アップをご覧にいれますね。

これが表面

f:id:hynm_mach55:20180118154322j:plain

これが裏面

f:id:hynm_mach55:20180118154345j:plain

 

今春からベンタイルの代わりに登場することになりました。 

そんな機能素材がSEHKのシンプルさとあいまって、

とてもスマートなアイテムに仕上がっています。

その中から、FLIGHT JACKET をご紹介。

今回は襟なしのタイプで、ボタンを留める、留めないで2通りの見え方になります。

f:id:hynm_mach55:20180118153844j:plain

f:id:hynm_mach55:20180118153859j:plain

 

袖は、サドルショルダー、

SEHKでは良く聞くようになったショルダーデザインです。

前はインセット、後ろはラグラン、ミックスしたショルダーは

なだらかに腕にそって、気易さを増しますし、

ショルダーラインがとても綺麗です。

f:id:hynm_mach55:20180118183540j:plain

f:id:hynm_mach55:20180118183439j:plain  f:id:hynm_mach55:20180118183505j:plain

袖と裾にはダーツ入り。

締めるところは締めますよ~しゃきっとな感じです。

f:id:hynm_mach55:20180118153633j:plain f:id:hynm_mach55:20180118153807j:plain

f:id:hynm_mach55:20180118153721j:plain f:id:hynm_mach55:20180118153709j:plain

そしてフロントの両サイドポケットは3面構造の身頃のあわせ目ラインにそって

作られているのですっきりしています。

f:id:hynm_mach55:20170829171054j:plain 

内側には両サイドにこれまたSEHKらしい大きなフラップポケット。

バッグをもたなくなって、平気さ、のジャケットです。

 

f:id:hynm_mach55:20180118153602j:plain

同じ素材で、CAR COAT もありますよ。

ぜひ、お店でチェックしてください。

といっても、まだ入荷前です!!

おまちください。

では、最後にポールさん着用写真。

なるほどね。

f:id:hynm_mach55:20170920190847j:plain

M

 

 

 

 

 

 

 

一品紹介 No.3

本日はFRANK LEDER 

今、展示会を開催しているのは、

そのFRANK LEDERが新春にリリースした新ライン

FIRST DAY OF ISSUE No.2 です。

No.1が現在、絶賛、お店で販売中です。

 

パーカーで一番人気だったプリント 「POSTMAN」

1700年と1958年の郵便配達人 ドイツ

f:id:hynm_mach55:20170704153103j:plain

Tシャツでの一番人気プリントは「CARP

1978年 プラハ⇔ターブル開通記念(のようです) チェコスロバキヤ

f:id:hynm_mach55:20170704151807j:plain

といった○○記念に発売された封筒やカード、実際に郵便として使い、

その発売日のスタンプが捺されているものが価値があるという

コレクターズアイテムそのものを、2種類の手法でプリントしているtシャツやスエットになります。

東ドイツチェコスロバキヤの当時のものから

フランク リーダーが、ビビビ、ときたものがふんだんに使われています。

f:id:hynm_mach55:20180118112310j:plain

f:id:hynm_mach55:20180118112315j:plain

中には価値があるものも?

と思うふるい切手がパッケージに貼ってあったりもします。

もちろん、ブランドロゴは郵便スタンプ風。

本人の好きでやっている感があふれております。

f:id:hynm_mach55:20170704153639j:plain

 

日本ではあるんでしょうか、、とグーグル先生に聞きましたら、

1970年前後のものが結構、販売されているようです。

zakka-zakka.ocnk.net

 

そして、ほんちゃん

FRANK LEDER 2018年春夏コレクション

f:id:hynm_mach55:20170902173156j:plain

今回は、大きく2つで構成されています。

メインがこちら、「BOHEMIA ボヘミア」タグのついたシリーズ。

ちなみにもう一つは、「FUNDAMENT 」定番に手をかけたシリーズ。

(こちらはまた、次回ご紹介します。)

 

今日の一品は、ボヘミアシリーズからボトムを。

新型の、サイドにクローザーが付いたコットンパンツ。

ダーツがたっぷり入った超太目です。

f:id:hynm_mach55:20170901140506j:plain

f:id:hynm_mach55:20170901103159j:plain

ぜひ、トライ、いただきたい新作です。

店頭までは、もう少々、お待ちくださいね。

 

M

 

 

 

 

 

 

 

一品紹介 No.2

本日は、CANTON 

そう、王道 ダブルエックスデニムのキャントンです。

 

キャントンでの最近の話題は、

これ、マッハ55とは違う部門なのですが、

個人的趣味、CHARさん、なのでご紹介。

そう、あの、「チャーさんモデル」が誕生したそうでございます。

f:id:hynm_mach55:20170913153921j:plain

かっこいいです!

こちらはここから購入できるそうです。

Char × CANTON コラボレーションデニム- zicca.net

あ、やばい、1月8日、オーダー締め切りになっていました、、、。

すみません。

 

そして、ほんちゃん。

マッハ55で取り扱っていますのは、

キャントン オーバーオールズの中でも、

古きよきアメリカよりの輸入デニム全盛時、

国産デニムとして、初登場した頃の織りを復活させた

ダブルエックスデニムのシリーズ。

厳選のデニムジャケット3型 ¥39.000税別

ジーンズが3型 ¥33.000税別

ワンウォッシュとレジットで展開しています。

デニムジャケットは、身幅をシャープにして、着丈を少し長く、

スラッとした印象です。

f:id:hynm_mach55:20160821180945j:plain1st
f:id:hynm_mach55:20160821180947j:plain2nd

f:id:hynm_mach55:20160821180946j:plain3rd

ボトムは基本、内側がすっきりしたストレート。

f:id:hynm_mach55:20161213173849j:plain

f:id:hynm_mach55:20170426193234j:plainf:id:hynm_mach55:20170426193256j:plainf:id:hynm_mach55:20160921134027j:plain

 

スペシャルな織りは、それは時間がかかります。

ゆっくりゆっくり生地になっていきます、もので、、

時間がかかれば、それは、やっぱり、高くなっちゃいます。

どうぞ、ご了承いただきたい!!!

 

 

生地はもちろんこと、

今日は少し違う視点で。

まず、みなさんに評判がいいのが、縫製の「糸」 コットン100%の糸をあえて使っています。今は混合糸をつかっているところが多いと聞きます。

 

イエローとオレンジをミックスした綿糸で番手・運針を部位にて調整しつつ縫製されています。フロント見返しにはセルビッチ、 衿付けは落としミシン。

そして、あえての、糸の両端残し。

「不要の場合はカットしていただいて、、」というのですが、

この余分な糸がいとおしくなります。

だいたいみなさん、そのままですね。

f:id:hynm_mach55:20160821180948j:plain

そして、 付属パーツについて
鉄製オリジナル・シルバーボタン、留め足側に#500 刻印。 銅製オリジナル打ち抜きリベット。フラップポケット裏にライトオンスデニム使用。

など、いつもご説明しておりますが、今日は上の写真で右下にみえるブランドタグ、

「ビスネーム」についてご紹介します。

 

CANTONのピスネームは紙のように見えるのですが、織物です。

極薄織物にコーティングが施されています。

元々アメリカのワークウエアーに付けられていたサイズや

クオリティを表示したチケット素材に準じて製作しています。

 

ピスネームは普通は「織りネーム」という慣例がありますが、

そんなことは誰が決めたのでしょうか?

縫製に於いても、生地端にロックかがりをすることが

当たり前のことでしょうか?

CANTONは「美しく仕上げる」ために慣例を排除しています。

 コストや手間が織りネームの4倍にもなるのですが

敢えて採用しています。

 

CANTONのモノ作りの基本

実は、他のジーンズとの相違点が多くある、ということ、

個性的である、ということに重きをおいています。

 

海外で、取り上げてくれたデニムに特化したHP のTHE DENIM HOUNDでは

一度洗って色落ちを実験したり、してますよ。

どうぞ、のぞいてみてください。 

CANTON OVERALLS – THE BIRTH OF JAPANESE DENIM AND THE ART OF IMPERFECTION – The Denim Hound

そして、女子だってキャントン~~

f:id:hynm_mach55:20180117163245j:plain

 

はいてみて、ほんとにわかるやわらかさ、軽さ、馴染み感です。

お勧めです。

 

 最後にCANTON HP から引用 コピペしておきますね。

......................................

CANTON が目指した XX デニムとは
1800 年代後半から 1960 年代にかけて米国のアモスケイグ社とコーンミルズ社の 2 社によって織られたデニムのことで、20 世紀の技術革新とともに、繊維産業にも大きな変革がもたらされ、年代によって表情も風合も異なる XX デニムが多種存在することとなる。現存している Dead と呼ばれる未洗いの生地に於いても保存されていた環境や長い年月による経年変化による差異は一様ではない。

ダブルエックス・デニムとは
年代とか経年変化に捕われずに、他のデニムにはない XX デニムが持っている魅力とは何か?と、シンプルに見つめ直しました。答えはすぐに見つかりました。それは良い意味での粗雑感で「緩~い」感じが私たちの心に何かしらの作用をもたらしていることを。その答えは「古さの追求」という方向性を棄てさせ、まったく新しい緩~い「 CANTON 1963 XX Denim」を完成させました。

※注
ここで言う「 XX 」とは、Extra Exceed の略で、織物メーカーがデニムに限らず特別に丈夫で良質のもを表した呼称のこと。
リーバイ・ストラウス社が謳った XX とは他社との差別の為に高品質をアピールした呼称で、1876年に採用した「 XX 9oz. AMOSKEAG BLUE DENIM 」や、1901 年には「 XX 10oz. MODE DUCK 」、「XX 9oz. BLUE AND GOLD MIXED DENIM 」などがラインナップされており、その後にラベルの製品ロットナンバーに続けて XX を表記することとなる。

 

一品紹介

新春なので、

みなさんに、改めて、ブランドの紹介、商品の紹介など、

のシリーズをスタートいたします!

 

本日は

「SEIL MARSCHALL サイル マーシャル」 

ドイツよりのブランドです。

 

南ドイツの端っこにある、ラーフェンスブルグ という街に本拠地があります。

そこは、ミュンヘンよりも地図上左下、

スイスのチューリッヒのほうが近いような位置。

中世の趣が残っている街だそうです。

 

 

f:id:hynm_mach55:20110813115523j:plain

f:id:hynm_mach55:20151117124356j:plain

f:id:hynm_mach55:20151123155711j:plain

ブランド名、

SEIL は日本語で、「ザイル」と聞かれたことありますよね、

そう、登山用ロープの意味です。

(でもブランド名 はなまらず、「サイル」)

MARSCHALL は創業者マーシャル家の苗字です。

現在は4代目。

その名のとおり、ロープ作りからはじまった会社です。

 

現地では、今も昔からの人たちが今に伝統を引き継ぎ

自社工場でバックからシューズまで、手作業生産を続けています。

f:id:hynm_mach55:20151124095427j:plain

f:id:hynm_mach55:20151124095534j:plain

f:id:hynm_mach55:20151124095404j:plain

なので、タグには、堂々と、

f:id:hynm_mach55:20100819123656j:plain

古きよきドイツでの手作りでんがな、と入っております。

 

そして、今年の春夏向けにでた商品を今日はご紹介。

f:id:hynm_mach55:20170629113940j:plain

こんなシンプルなトートバッグもあるんですよ、。

ビンテージのビーチで使ったりするデッキチェア用のファブリックです。

だから、ヨーロッパのかおりがします。なんとなく、、

なんでしょうね、色あいですかね、、

¥19.000税別

色は2色のストライプ

 

そうそう、SPURさんにもご紹介いただきましたよ。

下もチクン、してみてください。

www.instagram.com

 

 

ブリーフケースタイプ ¥19.000税別

そんでもって、マップケースと呼んでいる新作のポシェットタイプもあります。

これも¥19.000税別 

f:id:hynm_mach55:20170805170812j:plain

横浜のお店、ユーフォニカさんも、素敵に撮ってくださっているんで、

チクンしてみてください ↓

www.instagram.com

 

春に向けて、明るい色も気になりますよね。

まず、小物から、、っていう手もお勧めです。

 

では、最後に、このブランドが提唱していることを。

 

「使うことで消費してしまわないもの

 オーラがあって、経年経過をあなたがともに楽しめるもの

 丈夫で、修理をすれば長く使えるもの」

 これが私たちのポリシーです。   SEIL MARSCHALL 

 

賛成です! M55 

 

 

 

新春第一弾!展示会がはじまります。

あっという間に、通常業務で、

アタフタしている間に、

明日から展示会です。

ミッドシーズンともプレともいえる、

ちょいと合間にお届けするコレクションを全国のバイヤーさんへ

ご紹介する展示会です。

ブランドによっては、来年の秋冬コレクションも、並べていたりします。

早い!!! ですよね~~

 

マスター&コーはシーズンレスで販売していますので、

明日からの展示会で、お店さんがオーダーした商品は

連休前あたりに店頭に入る商品となります。

新作が、毎回入ってきますが、

基本、定番。

かわらなぬ定番。

 

一度サイズがわかれば、ずっと、いけます、

よほど、爆食しない限り、、、

 

ということで、

カタログを作ってみました。

次回、お店で手にとっていただけるとうれしいです。

f:id:hynm_mach55:20180115160150j:plain

f:id:hynm_mach55:20180115160214j:plain

f:id:hynm_mach55:20180115160234j:plain

 

 

 

ちっちゃくまとまんなよ~~

いよいよ本格始動な感じの火曜日です。

そんなこんななうちに、

ロンドンでなんて、メンズコレクションが始まっています。

https://www.wwdjapan.com/collection/london

なんてことでしょう、なスピードですよね。

が、しかし、これがファッション業界な感じを一番、

あらわしていたりもします。

ぞくぞくと、業界バイヤーさんたちの大移動がはじまり、

街では

春夏シーズンの商品がすこしずつ出てくる、、

やっぱり、年のはじまりはワクワクします。

 

2018年への期待と希望が!

そんなとき、

オーブ、撮りました!!!

これです。

知ってます?

オーブ。

f:id:hynm_mach55:20171226122554j:plain

f:id:hynm_mach55:20171226122607j:plain

見えますか?

木の精霊か!?

右側に小さな光りが!

一枚目は見えにくいですが、右のお奥に小さな光があるでしょ、、

 

反射?

そう、そうかも、でも、いいんです。

いいんです。笑 

(ちょっと、オーブのリンクをはっときますね。)

オーブは心霊写真?オーブの色別種類8つと意味を徹底解説 | Spicomi

 

言霊とも、言われるオーブ。

言葉に宿るエネルギーはやっぱり大事だと思うんです、

だから、新年早々、ラジオで、

「夢中は努力に勝る」って、小山くんどうさんが

ビームスの社長さんの言葉を紹介してたんです。

詳しくは、下のリンクから。

「わかる!」夢中になりたい、

なんでもいいから、

gqjapan.jp

 

そして、その夜、「西郷どん」がはじまって、

(すみません、大河ドラマ、おじさんくさいのですけれども、、)

林まりこさんの

「野心のすすめ」

を思い出し、

林さんは、「野心が前輪、努力は後輪」だと。

「わかる!」

野心を持ちたい、どんなんでもいいから、、笑

 

もちろん、努力はとても大事だけど、

努力だけじゃ、続かないじゃないですか。

 

だから、

野心をもって、夢中にやりましょうよ、なにか!

(あ、もちろん、うちのスタッフに関しては、仕事であるといいだが、、)

と、新年思ったわけです。

 

そして、それを、

すこし、口に出しましょうよ、と。

口にする、

友達にでも、相棒にでも、親にでも 兄弟にでも、

それこそ、独り言でも、、、

そうすれば、

ほら、なんだか、少し、軽くなりません?

いいじゃないですか。

 

あなたの出す言霊で、自分もだれかもうれしくなるかも知れないですよ。

 

 そんなわけで、再度、

f:id:hynm_mach55:20171222201838j:plain

なわけです。

そして、「ちっちゃくまとまんなよ~~」が

新年、M55でとびかった言霊でした。笑

 

M

今年もよろしくおねがいしまっす。

みなさま

おニューな今年はいかがですか?

目標、たてましたか?

ちっゃちゃなことでも、たてると実現しますよ、、

意外と。

「気」で勝負!

いやいや、「行動」しろ、でしょうけれども、、

まずは「思う」ってことからでも。。。

みなさまにとって、ちっちゃなことから、おおきなことまで。

はっぴーなことがありますように!

とも祈りつつ、

商売繁盛、スタッフ一同、初詣行ってまいりました。

熊野神社

気合をいれて、、と思いつつも覇気のない感じ、、!?

のスタッフ一同

f:id:hynm_mach55:20180105100633j:plain

ことしもよろしくお願いします。