読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日28日より、名古屋にMASTER&Co.参上!

名古屋のみなさま

近郊の皆さま

 

この機会にぜひ、マスター&コーがたくさん見られる

フレンチブリュ MOZO店へ GO!!!!!  でございます。

お店の8周年を記念して、

MASTER&Co. POP-UP SHOP の開催です。

f:id:hynm_mach55:20170428130533j:plain

f:id:hynm_mach55:20170428130543j:plain

f:id:hynm_mach55:20170428130521j:plain

 

www.instagram.com

 

お待ちしております。

M

 

ダイナソー

NYLON.JP にTATTYY DEVINE 登場です。

定番&人気のダイナソーネックレス。

 

このくらいをど~ん、とつけて欲しいネックレス。

骨が一つ一つ、ほんものチックに作られています。

www.nylon.jp

 

これはもともと、ロンドンにある自然博物館とのコラボレーションから

作られたもの。

 

タティ デヴァインの商品は、ロンドンの数ある美術館の

インショップで販売されています。

テイトギャラリーやテキスタイルギャラリー

デザインミュージアムにも!

 

恥ずかしがりやの方に、スモールバージョンもあります。

色はブラックとゴールド。

 

日本の美術館インショップでも買えるといいな~ と。

 

M

京都で。

素敵にご紹介いただいているので、

ぜひ、こちらのロフトマンさんのリンクへ飛んで

今日からのEMMA GREENHILL のエキジビションを堪能ください。

 

京都の方、

近郊の方、

スカーフにちょっと興味を持っていただけた方、

春だし、

なんだか新しいものを

新しい出会いを

お求めの方、

ぜひ、おたずねください。

 

スカーフに対する概念(キャビンアテンダント)を壊す

ロフトマンコープさんプレゼン、の

スカーフ・コーディネイトがあなたをノックダウン、なはず。

f:id:hynm_mach55:20170421111227j:plain

loftman.co.jp

 

 

M

 

THE ELEPHANT IN THE ROOM.

昨日、少しご説明した、スカーフブランドEMMA GREENHILLの

今シーズンの物語タイトル

THE ELEPHANT IN THE ROOM.

「見てみぬふり」

  

今回の物語は、それにかけて、

「気になっているに、しらんぷり、、、」

てな微妙な乙女心を表していたり、します。

そんなおしゃべりが、ぐるぐる、と絵になったのが、

このデザイン。

f:id:hynm_mach55:20160921180742j:plain

 

むむ、昭和歌謡がうかんできます

「知っているのにしらんぷり~♪」

浮かばない方はこちらから

「霧のかなたに」黛ジュン 「涙の太陽」安西マリア |昭和歌謡ブログ マンボウ 虹色歌模様

 

涙の太陽」ですね。

グーグル先生に聞きました。

そして、気づく、湯川れいこ先生の詞でした。

やっぱりすごいな~湯川さま。

 

話はそれましたが、

そんなこころの機微を、手書きで、ちょうど、スカーフの

大きさに絵に描いていくのが

エマ流。

 

f:id:hynm_mach55:20160921181032j:plain

法則などなくて、

妄想?の世界には、動物たちも色とともにあふれ出しています。

 

そんな作風なので、原画が、もちろんありまして、、

それを、エキジビションにお貸し出ししていますので

4月21日から3日間、ぜひ、見て行っていただきたいです。

詳細はこちらから。↓

COOP KYOTO | LOFTMAN

 

そして、このカラフルな色が

結んだときに効力を発揮します。

エマの魔法が動き出すのです。

 

ぜひ、一枚を手にとって、お仲間に。

M

 

 

 

 

 

 

EMMA GREENHILL 物語

2017年春夏の新作スカーフ柄は、

デザイナー、エマの頭の中からつむぎだされた

こんな物語から生み出された絵の数々です。

 

今回、彼女がまず、送ってきたのが、

この手作りブック。

THE ELEPHANT IN THE ROOM.

ゾウの居る部屋、、、直訳ですと、そうなんですが、

「見てみぬふり」という意味合いでも使われるイディオムだそうで、

どう見たって、いるだろう、像が!

知らんふりするなや、、、

ってことですね。

f:id:hynm_mach55:20170419114542j:plain

そんなタイトルの物語。

さあ、紐解いてみましょう。

 

まずは、WALKING DOGS

 

場面はパリのカフェ。

オリーブとファブリスが 女子会的に

たわいないやりとり、こしょこしょと

恋の話などをしています。

f:id:hynm_mach55:20170419114432j:plain

店先で、

散歩の犬たちが通り過ぎるのを見ながらのチャットなのでしょうか。

想像してみてください。

 

登場人物は、踊り子や歌手、そしてレディ・ソフィアなど

きれいなおねえさんたち。

 

話題のひとつは、ハンサムなドクター・ドンク氏

 

ロートレックの踊り子の世界が

私には見えるようなシチュエーション。

 

パリの街角、

自転車に乗る彼女。

そんな場面がこのスカーフ。昨日のスカーフです。

f:id:hynm_mach55:20160921182019j:plain

 

ほかには、モノクロームという名前のプリント。

オセロのように、モノクロドットが升目にならんでいます。

この柄は、巻いたら力を発揮するタイプですよ。

f:id:hynm_mach55:20170419114507j:plain

ほかにも、タイトルから、の

ゾウさん柄ももちろんあります。

f:id:hynm_mach55:20160921180825j:plain

 

4月21日からのロフトマンさんで

loftman.co.jp

原画も飾りますので、

ぜひ、足をお運びください。

 

M

 

京都ではんなりスカーフ三昧

EMMA GREENHILL のスカーフを、

京都で、ご紹介。

 

そう、S.E.H KELLY に引き続き(あ、これは後に報告します)

京都づいているMACH55 でございます。

 

まずは、今シーズンのエマのプリントから、

王道の巻き方いろいろをご紹介。

   f:id:hynm_mach55:20160921182019j:plain

PARIS という名の、このスカーフでいきますよ~  じゃん。

f:id:hynm_mach55:20170417121341j:plain f:id:hynm_mach55:20170417121846j:plain

f:id:hynm_mach55:20170417120922j:plain f:id:hynm_mach55:20170417120932j:plain

f:id:hynm_mach55:20170417120949j:plain f:id:hynm_mach55:20170417121144j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20170417121433j:plain f:id:hynm_mach55:20170417121545j:plain

f:id:hynm_mach55:20170417121022j:plain f:id:hynm_mach55:20170417121057j:plain

 

エマのスカーフは、手書きの絵をプリントに起こしているので、

水彩画のように、カラフルな色がたくさん使われます。

だから、どのへんを見せて巻くか、で

印象が変わります。

 

明るい色とブラックとの組みわせ部分は

スーツや、シャツとのクールなコーディネイトに。

 

淡いパステルカラーを見せるときは、

軽めにまとめたい時に、いががでしょうか?

 

急に春から初夏な気温の東京。

ノームコア的に、シンプルなモノクロカラーでまとめている方も、

ひとつ、さし色、さい柄をぜひ、取り入れて!

 

今シーズンのエマ物語は 明日ご紹介します。