読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SS2017 速報S.E.H KELLY 版

今日は、S.E.H KELLY バージョンをお届け。

さあ、春!

この時期、まずは、やはりはおりでしょう!

今季、超、お勧めのアイテムといえば、

これです。

新型FLIGHT JACKET

そして、生地も新作、

ブリテッシュベンタイル、のそれも、FLIGHT WEIGHTで作りました。

ようするに、ベンタイルの中でも可能な限り薄く織り上げた生地です。

f:id:hynm_mach55:20160819112410j:plain

おお、物撮だと、ちょっとおやじくさい、っすかね。

それでは、ポールさん着用をば。

f:id:hynm_mach55:20160815191113j:plain

このように、すこし長めの着丈、

SEHK らしい細身の身頃。

色味もこちらが近いですね。

肩、袖、バッグラインに注目を。

f:id:hynm_mach55:20160815191106j:plain

このショルダーはサドルショルダーといわれます。

ふつう、ニットによく見られるラインですね。

インセットスリーブとラグランショルダーの長所をミックスしています。

前と後ろからインセットスリーブ、肩部分からネックまで

ラグランのように袖から続いているのです。

なので、きれいに滑らかなラインができています。

 

簡単そうですが、

何度も何度も試行錯誤をして、

いちばんきれいになるパターンをつくりだし、

ここに到達したそうです。

 

伝統的なパターンと、新しい視点のデザインをあわせて

着やすく、きれいなガーメントを作り出す。

そのために、じつは、細かい作業とチャレンジを繰り返しております。

こうゆうところが、

日常的なベーシックにも、基本と革新を、、、

このブランドがサヴィル・ロー出身であることの

その経験値の意義を、

一枚のガーメーントに落とし込んでいるが、見えるところであります。

f:id:hynm_mach55:20160815191100j:plain

すそもダーツ・プリーツがバンドに収まっています。

 

これはハリントンスタイル、、という昔のスタイリを彷彿させますね。

とSEHK は言っておりますが、

われら日本人にとっては、スイングトップ、、ですかね。

マクレガー、、、、(年がばれます)

そして、青春の、、、でいくと

f:id:hynm_mach55:20170213122819j:plain

これでしょう、、、(右)

と話は飛びました。

 

身頃にもプリーツが入っているので、

よりシェイプが入り、きれいなスリムラインになります。

 

ほかにも、

インシームポケットは前に膨らむようにデザインされていて、

f:id:hynm_mach55:20170213125956j:plain

手もかっこつけて入れられますし、

携帯やキーなんか、いれて、バッグ無しでもいけましょうか、、

カフにも2本プリーツを入れて、カフが付いています。

f:id:hynm_mach55:20170213130025j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20160815191135j:plain

襟もすこし大きめ

PRUSSIAN COLLAR (プロセインカラー=軍ものコートの高い襟)の少し高めな台襟

ボタンで留めるスロートラッチ(襟のところについているストラップのようなもので両襟を合わせて止める)が付いています。

f:id:hynm_mach55:20170213125928j:plain

通常は片方の襟したでボタンを留めて着ます。

 

といった、語るべきところはたくさんあるのですが。

まずは、袖を通してみてください。

その軽さと

なんともいえない自然に細いシルエット、

四季を問わない素材感。

 

感じていただくのが、一番かと。

 

ぜひ、お店に出向いて、試着をしてみてください。

 

論より証拠。

 

いいじゃん、

と思っていただけると

デザイナーも私たちも、お店の方もうれしいです。

 

そして、春をこの一着とすごしてもらえると、

もっとうれしいです。

 

M

 

 

MACH55的、2017SS速報 3rd

本日はFRANK LEDER 。

彼のスタジオ&ショップ(一部屋がショップになっている)は

ベルリンのカント通りにあります。

f:id:hynm_mach55:20170210104330j:plain

昔のまま、の建物で、このイラストの2Fあたりに、

丸い飾り窓がありますよね、、

そこの下のドアから入って、2Fです。

 

ここから歩いてすぐのところにあるのが、

今回のコレクションのベースとなっている「DIENER」というお店です。

日本でいうところの居酒屋、ロンドンではパブ、

そんなお店ですが、室内は西ドイツの面影がのこる

観光客が入りにくいような雰囲気が漂っています。

f:id:hynm_mach55:20170210105053j:plain

中はこんな感じ。

f:id:hynm_mach55:20170210105104j:plain

f:id:hynm_mach55:20170210105111j:plain

もともと昔は馬術学校

その後、ボクサーのFRANZ DIENERが買い取って

レストランとして営業し始めたそうです。

近くに劇場があったこともあり、役者さんや、

観劇がけりの人々や、もちろん、ボクサーも、、

それを目当てにくる人たち、

華やかな場面が、映画のように思い浮かびませんか?

 

日本昭和史ならば、キャンティだったんでしょうかね、、

 

そのお店が昨年で閉店しました。

フランクは大変、お気に入りの場所だったので、

なにか、その思い出の場所を残したい、、

ということで、今回の春夏コレクションは

1920年から1960年代のドイツ、ボクシングの世界に

敬意をはらってインスピレーションとしています。

そして、いつものようにTシャツに一番わかりやすくそのイラストが使われています。

f:id:hynm_mach55:20160819101915j:plain

f:id:hynm_mach55:20160819102122j:plain

f:id:hynm_mach55:20160819102215j:plain

f:id:hynm_mach55:20160819102005j:plain

 

 

f:id:hynm_mach55:20160819102054j:plain

 そして、

 

2台柱となる、ベットシーツから作られたコレクションには

このスタップが押されています。

f:id:hynm_mach55:20160820172525j:plain

1960年代のビンテージベットシ-ツから作られています、と書いてあって、、

内側にスタンピングされていまS。

フランクがやってる姿を想像すると、

ちょっと、きゅんときますね~ (私だけ?)

f:id:hynm_mach55:20160806173834j:plain

なんだか全身白も、新鮮な二人組です。

右の方は、そう、何度かルックブックに登場いただいた

元ボクサーの友人です。

 

他のコレクションはHPにアップされましたので、

こちらからどうぞ、

www.frank-leder.com

 

インディゴダイも今回お勧めのシリーズ

ピケコットンのカノコシリーズなど、新作も豊富。

春はもう、そこですよん!

f:id:hynm_mach55:20160930115613j:plain

 

で余談。

 

秋冬コレクションの大イベント、

鍵を持って、ベルリンに行かれ方!いらっしゃいませんか?

もし、実行してくださった方、

ぜひ、ご報告ください、。

このブログで、みなさんにも、報告したいです。

写真と旅日記、ぜひ、ご連絡ください。info@mach55.com

 

こらからのみなさん、

まだ、ボックスが空いたという報告は来ていません。

ぜひ、チャレンジを。

 

そして、前述のDIENER はクローズしましたが、

近くのカレーソーセージを

食べてきてくださいね

スタンドで食べれるから、時間がなくても、

ぜひ、どうぞ。

gotrip.jp

 

M

 

MACH55的、2017SS速報 2nd

本日はcolenimo (コレニモ)

ブリティッシュメイド

フェミニンな雰囲気を漂わせつつも

芯の強い女性を思わせるライン

メンズライクな素材選び

 

今シーズンのミューズは

Eileen Grey さん

アイルランドに生まれ、

プロダクト、インテリアデザイナーとして

先駆けのイギリス人女性です。

優れたセンスとゆるぎない仕事への倫理

そんなところにインスパイアされています。

 

コルビジェとの接点が、彼女をより有名にしているようですが、

彼女の作品は今も残っていて、

あ、これ、と思える代表作がサイドテーブル。

似通ったものがたくさんでているようです。

【楽天市場】アイリーン・グレイ サイドテーブルの通販

 

そして、イギリスからパリに渡ってから、住宅等も手がけていることから、

こちらも有名

casabrutus.com

 

さて、コレニモ・コレクションといえば、

毎シーズン、人気のアイテム、コート。

 

今春夏で

もっともコレニモらしいビンテージ素材で作られたコート。

anna magazineさんの掲載でご覧ください。

 

f:id:hynm_mach55:20140904072016j:plain

f:id:hynm_mach55:20140904072114j:plain

バックヨークが深くとられているので、

後ろ身頃がたっぷりとして、柔らかな印象になります。

これはスタッフ着用。

f:id:hynm_mach55:20161007170215j:plain

少し大きい目に羽織るのがお勧め。

70年代のビンテージコットンです。

ノーカラーは難しい?

いえいえ、実は、下に着るブラウスやニットの襟を

うまくミックスすると、かえってすっきりしたあわせで

上級者な感じに仕上がります。

 

色も2色。

こちらも素敵なカラーです。

f:id:hynm_mach55:20160925105759j:plain

同じ素材で、

コレニモ独自のサロペットトラウザー

f:id:hynm_mach55:20160922181152j:plain

そして、

f:id:hynm_mach55:20170207141114j:plain

こんなかわいく着ていただきましたよ!

 

ほかにもお勧めを、、

やはりビンテージサマーウールのブラウスとワイドパンツ

上品な装い、。

 

f:id:hynm_mach55:20160925105846j:plain

ブラウスはボックスシルエットで、

前後、好きなほうを着用できます。

こちらが、同じサンプルの着用版。

f:id:hynm_mach55:20160922180041j:plain

このくらいの丈でパンツをはくものいい感じ。

ヒールを合わせれば

抜群にスタイルGOODな感じに。

 

女子が誰しも密かに持つ女優魂。

ここに火をつける春夏コレクションです。

 

M

MACH55的、2017SS速報。

立ち上がり、という言葉があります。

冬から春へとかわっていく、

そんなタイミングを立ち上がりと呼びます。

立ち上がるっていい響きです。

 

来週、再来週にかけ、全国のSHOPさんはこの立ち上がりがはじまります。

ようやく2017SSの情報が解禁となるタイミングです。

今日はまず第一弾として、CABINETという、イギリスのウィメンズブランドを

ご紹介させてください。

 

f:id:hynm_mach55:20120101001229j:plain

 CABINET  はイギリスのブランドです。

冬のコレクションでは、ブリティッシュアルパカプロジェクトという

コレクションをここ数年発表しております。

blogでも何度かご紹介させていただきましたね。

 

2017SSコレクションでは、冬のアルパカのように、

自然な糸、生地、天然の染めにこだわり、

とても小さなファクトリーと共に、色鮮やかな生地や、

テクスチャーに個性のある生地を作りだしています。

 

今シーズンは、コレクションテーマは、

the scent of coffee

Sebastia Salgado(セバスチャンサルガド)の写真集

コーヒーの世界の風景写真が深く関連しています。

f:id:hynm_mach55:20170204164417j:plain

f:id:hynm_mach55:20170204164437j:plain

 デザイナーは言います、

私は数年前に、セバスチャンサルガドの作品に偶然出逢い、

その作風を気に入りました。

彼は自然の美しさ、印象的な肖像画、そのような劇的な瞬間をとらえて、

みる人を魅了します。

コレクションの出発点は、世界のコーヒーの風景写真。

ドレスをコーヒーにつけて染め、生地に浮かぶ濃淡は、まるで自然な地図のような、

自然な染めが生み出す特別な柄が浮かびます。

 

f:id:hynm_mach55:20120101000450j:plain

f:id:hynm_mach55:20120101000037j:plain

f:id:hynm_mach55:20120101000232j:plain

 みる人を魅了する、

鮮やかな色、生地、染め、

写真では伝わらない、伝えきれないブランドです。

f:id:hynm_mach55:20170205210328j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20170205210423j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20170205210614j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20170205210905j:plain

重なり合う服達は、まるで風景写真のよう。

 

 

私たちができることは、

デザイナーが心をこめて作ったブランドを伝える事だけです。

興味を持ってくれた方が、少しでも多く、このブランドに

出会ってくれたら嬉しいです。

 

わたしはおもいます、

いいなと思うものには、伝わる何かがあるという事。

それを受け取る、アンテナを、

感受性を磨き続けたいと。

 

H

 

THE OLD CURIOSITY SHOP の歴史をたどる

勝手ですが、

そろそろ、個性的な足元が、きそう、な気がします。

そうなれば、

これをお勧めしないわけにはいきません。

THE OLD CURIOSITY SHOP 

デザイナー キムラダイタ の創るハンドメイドシリーズです。

f:id:hynm_mach55:20170203170814p:plain

f:id:hynm_mach55:20110225161348j:plain

f:id:hynm_mach55:20110225161326j:plain

 

そして、日本人である彼が、

ロンドンでなぜデザイナーに?、

 

それを紐解く人物が、

この人

Mr, JOHN MOORE

 

十分ご存知のイギリスものフリークの方以外にも、

一度、ご説明をさしあげたい、と。

 

以下の2つのリンクへ飛んでみてください。

ロンドンの風、感じてください。

(他人のふんどしで失礼します、、)

www.fashion-press.net

 

epokal.com

 

そして、以下のインタビューでシューズデザイナー山本氏が

語ってくれています。

dime.jp

リンクより引用↓

ジョン・ムーアの作ったこの靴がなかったら、シューズデザイナーにはなってなかった気がしますし、木村大太氏と出会っていなければ、今の僕はないと思うんです。」

 

ううう、

山本さま、ありがとうございます。

 

ジョン・ムーアさんは

80年代後半にお亡くなりに、。、

 

ロンドンがロンドンらしく、

触ると怪我するぜ、だったころ。

 

みなさんにも、

今につながる影響ある人物や事柄がありますか?

 

それは、とっても幸せなこと。

でもひょっとして、忘れかけてたら

この機会にちょっと振り返るもの

いいかもしれない、春先です。

 

 

M

 

 

 

 

 

 

 

 

永世の定番 とは、、、

みなさん、

フィナムのこのマガジンって、

どんな人が作っているの?

そんなことを思ったことありません?

 

そこ、でどんな好みの人がやっているのか、

覗き見ができるのが、これ ↓

 

www.houyhnhnm.jp

 

みなさんの筆魂を読んで、感じて?くださいませ。

物欲を肯定してくれるお導きを!

 

ということで、

こちら、S.E.H KELLY の新作トレンチ

f:id:hynm_mach55:20170201123157j:plain

太陽のように明るく育てと(勝手に解釈)、

その名もとうりの編集部員、

太陽さんに取り上げていただきました。

おとなしそうな顔をして、実はバリバリスポーツマンだったのが

先日判明。脱ぐとすごいらしい、、す。

顔は森山直太郎さん似、かな。

 

太陽さんだけでなく、

いちおうM55からも、このトレンチ、追加、

商品説明しちゃいます。

 

このコートは、ほぼ昔のトレンチに近いデザイン、と

考えてください。

「タイロッケンコート」というトレンチの原型からのデザイン。

ミリタリーな見えがかりは残っているものの、

すっきりと上品にみえる印象です。

 

そして、だれしもが気になるベルトの処理。

そう、横断歩道で、ベルトを引きずっている男性を見たことがあります。

そこで、SEHKが考えたのは、

ツーピースベルト

背後にハンドキャストの真鍮のスライダーを2つ付け、

前にくるベルトの長さを調整できるようにしました。

f:id:hynm_mach55:20170201124811j:plain

後姿もすっきり。

あとは従来のポイントをしっかり受け継いでいます。

 一枚袖は、肩全体にコートの重さをなべす、技術。

健在、です。

 

掲載でも言ってくださっているように、

袖をとうすとノックダウン、なコートです。

もちろん、ベンタイル。

 

f:id:hynm_mach55:20170201130125p:plain

銭形警部のような色?もありますよ。

 

では!

 

息子に、おさがりあげるくらい、、に

 

長く、着たおしてくださいね。

 

それこそ、永世です。

 

M

 

 

レオパードとあなた

マスター&コーのレオパード。

らしくない?

 

らしくない?ってなんだろう、、って

思わせるシリーズとなりました。

 

定番、ワークウエア、っていうキーワードで

取り上げられるブランドですが、、

 

そこにチノのレオパード柄が発売されて以来、、

らしい、、って言葉は自分で作るものだと、

感じる今日この頃です。

ぶち破りましょう、、イメージと固定観念を、、。

 

ということで、

一番、取り入れやすい、小物から、、

でanna magazine がアップされましたので、

ぜひ、ご覧くださいまし。

f:id:hynm_mach55:20140904064412j:plain

f:id:hynm_mach55:20140904064459j:plain

www.annamagazine.jp

 

どうでしょう。

 

ここでレオパードつながりで、漫画部より、

最近気になるこの漫画を紹介。

 

なんのこっちゃ、、、でしょうが、 

ぜひ、1巻目から読んでくださいね、

www.zenyon.jp

 

私はオドオドとルリルリ編が好きです。

ネタばらしになるので、説明ははぶきます!

 

では。

 

漫画部員 M