読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FRANK LEDER アーカイヴⅡ

今日も、思い出のコレクションから

 

2004年の春夏

メンズパリコレクションでの発表方法

 

ドイツに帰りたてのころは、

パリで展示会をしていました。

その時の写真がこれ、

f:id:hynm_mach55:20160825125521j:plain

小さなハコ(部屋)だな~と思われますが、、

実はこれは、トラックの中。

f:id:hynm_mach55:20160825135035j:plain

 (写真がまっすぐになりません、だれか教えてください。涙)

 

案内状には、住所は書いておらず、

マレの道でみつけたら、運転席をコンコンしてください、的な、、、。

ちょくちょく移動します、という。

 

いや~、

これは困った、のプレス泣かせ。

ここにいる、と道の名前と時間帯、ひとつだけでも決めてくれ~~

のリクエストに、返事が来まして、

パリコレに行っていらっしゃるバイヤーさん、ジャーナリストさんに

伝えました。

  

そして、パリコレは終わり、、、

届いた数件の苦情、

トラックはあったけど、誰もいなかったやんけ~と。

まったくもって、、、もしわけありません、。としか。

 

この時のタイトルは

IMPORT-EXPORT

どこか怪しげな男が販売する洋服。 

フランクの言葉、

「怪しげな販売業者、僕はいかがわしい雰囲気の男に愛着がある。

一般的にとても素敵!といったコーディネイトとは言えない

アイテムの組み合わせ、カラーの合わせ、

そこがまさに僕の好きな点。

こういった理由から今回のコレクションは合わせるのが少し難しい。

この難しさが今シーズンのテーマです」と。

f:id:hynm_mach55:20160825134906j:plain

 

 

そして、これも印象深いコレクション

2006年春夏

展示会案内状、見てください。

f:id:hynm_mach55:20050628111853j:plain

いやいや、

どこやねん、

行けるわけね~やん、な場所です。

 

父/母が生まれた土地でした。

 

テーマはBACK TO THE ROOTS

メンズには父の名、ウィメンズには母の名のネームタグが付いていました。

 

だから、まったく関係ないパリで、展示会を開く意味がない、と

パリでの発表を止めたシーズン。

世界のバイヤーも、日本以外、

ベルリンに行かないとみることができないブランド、と

なったわけです。

 

このコレクションの含むところは、

フランクの言葉

「私と私の両親との関係をより繊細で巧妙に表現した。

たくさんの重ね着により、隠された部分は一見することができない

しかし、感覚として感じることができるはず。

それは人と人とのリレーションシップ、

特に両親とあなたの関係のように。」

 

こんなインスピレーションで洋服が形作られていってます。

どのシーズンにもストーリーがあるのですが

明日は、3部作が話題になったHINTERLANDなどを

ご紹介したいと思ってます。

 

そして、最後は、

FRANK LEDERを好んでいただいているバイヤーさん、お店さん、

みなさん、この思索的な、ときに小説や映画のような

かかわることで、自身のストーリーが生まれる感覚を

楽しいと想う方々が携わって下さっています。

 

そんな方々が企画するPOP -UP な3日間

まずは巡業前半戦、

ぜひ、お店へお訪ねください。

 FRANK LEDERとSHOP のコンセプトが交わる先を

感じてきてくださいませ。

 

東京・吉祥寺

FRANK LEDER AUTUMN / WINTER 2016/17イベントのお知らせ - TOPICS | SEEK&FIND

北海道・札幌

Blog from ArchStyle » blog_top|archstyle|Arch アーチ

 

また明日!

M

 

 

FRANK LEDER 過去のコレクションを振り返る。

8月26日~29日に

FRANK LEDER にフォーカスしていただくお店が

2店舗! 東京・吉祥寺と北海道・札幌です。

 

http://www.seekandfind.jp/news/2016/08/frank-leder-autumnwinter-201617.php

ARCH (@archsapporo) • Instagram photos and videos

 

と2日前から告知いたして、おりますが。

当日までは、それにかけて、

フランク リーダーの懐かしいお話しなど、、

と思っております。

 

今日は、アーカイブコレクションの話など、、、。

f:id:hynm_mach55:20160824165150j:plain

これは2002-03秋冬のコレクション。

まだロンドンにいたころ、ロンドンで発表したコレクション。

ショーのようでショーでない、

舞台のような発表会のようなプレゼンテーション。

今では、大きな黒板を壁にしている空間をよく見かけますが、

このころは、大変、新鮮。

 

「間違いなんて怖くない」

「間違いがなんだ」

「ミスを恐れるな」

「失敗してなんぼ」

的な解釈でよいのでしょうか。

 

このころは、まだ、マッハ55でやっていなかった、ので正解かどうか。

きっと裏にもっとメッセージが隠されていたはずです。

 

このころ、

ちょうど、M55が「やりまへんか?」のお話しをしていたころ。

ちょうど、彼がベルリンへの引っ越しを決めていたころ。

すこし写真など。

f:id:hynm_mach55:20160824171100j:plainf:id:hynm_mach55:20160824171133j:plainf:id:hynm_mach55:20160824171122j:plain

ロンドンっぽいモデルも使ってて新鮮。

他のモデルくんは今の感じとあまり変わりません。

   f:id:hynm_mach55:20160824171230j:plain f:id:hynm_mach55:20160824171251j:plain

そして、女子!

いや~、タイプです。

 

f:id:hynm_mach55:20160824171240j:plainf:id:hynm_mach55:20160824171307j:plainf:id:hynm_mach55:20160824171113j:plain

再び男子

いまと変わらぬ感じの男子(左)以外に、

ドイツカラーのジャケット!

スカーフマスク!

 

そして、最後はデザイナー登場、、はいいけど、

その頃、まだ、シャイな若者、フランクさん。

あえてのブレ写真しか残ってません。

 

       f:id:hynm_mach55:20160824171420j:plain

 

そして、次の2003年コレクションはお休みしてベルリンへ。

 

ドイツでの物作りに意欲を燃やし、

帰ったのはいいものの、、

それはそれは、一から、工場を開拓して、

ともに成長するのは、大変だったようです。

(ドイツを生産背景とする小規模のデザイナーブランドは少ないですからね)

 

というわけで、日本へは2003年秋冬コレクションから、

本格輸入とあいなったわけです!!!

そんな歴史を少しだけ、

明日もご紹介したいと思います。

 

M

 

 

 

 

FRANK LEDER BOXの中身とは

2016-17 秋冬コレクション

「 KEY PIECES 」

という題名になった、

その鍵で開くボックスには

いままで発表した30回分のコレクション

そのストーリーのインスピレーションとなったプロップスや

思いでの破片が入っています。

f:id:hynm_mach55:20160823142628j:plain

f:id:hynm_mach55:20160823142638j:plain

 

たとえば、そこに見えるパン!

2004年の秋冬コレクション

[OUR DAILY BREAD] は日常、毎日食べるパンになぞらえ

表現したストーリーでした。

パンの中にシャツをいれて、焼いて、商品としても販売したんです。

中のシャツは少し焦げたりして、

それが、プリントのようになるという具合です。

このパンは

入れずに別に。

まざまざと、思いだします。、、、。

パンがサンプルで届いた時のことを、、笑

なんじゃこりゃ、です。

 

ちかいところでは、2014年春夏

[ WALZ ]  ドイツ特有の大工さんの修行の旅 のストーリーから

ふろしき用途のスカーフが入っているようですね。

これは水平を図る木の定規に括り付けて、

バッグにして荷物の持ち運びにしているという、ところから。

洗えて便利。サイズも思いのまま。

まだ、このころは覚えていらっしゃる方も多いかと。

 

右下のほうには、

ヒゲをつけたポートレートのような写真が。

2003年秋冬コレクションでした。

この時は、付け髭をレザーで作った商品があったんですよ、

売れたかどうだが、、、、

忘れました。

 

そして、左下に見える初期のころのロゴ SPADEのマーク。

SPADEをシンボルにした意味は?

「SPADEは労働のシンボル 

ファッションの世界で、新しい道と可能性を切り開くための道具として」

と話しておりました。

 

その気持ちのままに、

31回目のコレクションを皆さまにお届けできる喜びと

皆さまに感謝をこめて、少しでも接点を持ちたい、と

考えたフランクさん、でした。

 

今週末からイベントを開催してくださるお店さま、

(前日のブログをご確認ください!)

そして、イベントでなくとも、

新作をいちはやく、皆さまに届けてくださっているお店さま

 

そして、お店に足を運んでくださる皆さま。

 

ありがとうございます!

 

ボックスがベルリンでまっています。

 

フランク&スタッフ一同

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FRANK LEDER

 

来週末、26日~28日はフランクリーダー好きにはたまらない3日間となるでしょう。

素敵なお店2店舗で

それぞれのフランクリーダーが展開されます。

まるで、ドイツのフランクリーダーのスタジオに訪れたかのような、、

そんな素晴らしい空間の中で

31回目のコレクションが展開されます。

ファンの皆様、どうぞ存分にフランクリーダーというブランドをお楽しみくださいませ。

私たちが信頼をしているお店様でのイベントです。

フランクリーダーという服、

そして、世界観を十分にお伝えしていただけるでしょう。

今週末は是非、お近くの店舗様へ、フランクリーダーという世界に

TRIPしてみてはいかがでしょうか?

 

札幌  arch 

8月26日~28日まで。

www.instagram.com

東京 SEEK&FIND

8月26日~29日まで。

※26日、27日は22時まで営業

http://www.seekandfind.jp/news/2016/08/frank-leder-autumnwinter-201617.php

www.instagram.com

 

 

 

 

f:id:hynm_mach55:20160820132149j:plain

f:id:hynm_mach55:20160801104735j:plain

www.frank-leder.com

 

 

あなただけのKEY PIECESを探しに。

 

CREW+H

 

 

 

 

MASTER&Co.を探せ第二弾

以前、も同じようなお題。

今回は、ウォーリーばりに、探せないと、、

思いつつも、公開。

 

これを見つけたら、

MASTER&Co. マスター認定です!

shadowverse.jp

こちから入って、

シャドウバースのコマーシャル

f:id:hynm_mach55:20160820172909j:plain

リアクション編の動画、ご覧ください。

ヒントは

染谷さん。

 

では!

良い週末を。

 

M

 

 

ロンドンからの、あんちゃん動画

あんちゃん、

そう、

今日はロンドンからバッグデザイナー

チャリーさんのインタビュー動画をお送りします!

チャーリーさんは、

意外にイケメン。

でもイケメンっていう言葉はちょっと違うかんじ。

じゃ。なんだ。

そう、

あんちゃん。な感じなんです。

爽やかな若者って感じ。

 

まっすぐです。

ものつくりに。

 

そう、オリンピックを目指すスポーツマンのように

一生懸命、我が信ずる道を究めるかんじ。

 

その「純」な感じがすっごく人柄に表れているのです。

もちろん、それが、商品にも。

 

だから、意外とおしゃべり。

語りたいことがいっぱいあるんです。

好きなことを究めるお仕事っていうのは、

なんと幸せなことでしょうか。

もちろん、好きなことだからこその

悩みや壁があるのでしょうが。

 

細かいところも入魂の手作業。

ひとりでひとつを。

大きい体で、チクチクやってます。

 

それでは、どうぞ、ごランください。

www.youtube.com

 

これは、

http://www.fashionone.com/

というサイトから。

キャットウォークだけでない、ファッション情報を、

というサイトです。

 

一度、

CHARLIE BORROW 

のバッグ、チェックくださいね。

 

M

 

 

スカーフの風 高松より

先日、スカーフ使いに感服した

f:id:hynm_mach55:20160728115035j:plain

高松のお店「ウィ フォワイエ」さんで、

イギリス発 EMMA GREENHILL のフェアが

はじました!

f:id:hynm_mach55:20160818123922j:plain

f:id:hynm_mach55:20160818123935j:plain

f:id:hynm_mach55:20160818123944j:plain

ほうら、ほうら、

エマの頭の中が描かれた原画が飾られております。

これがスカーフへと、プリントされているのです。

 

 

こちらのお店のブログへもGO ! 

GIRL IN ME-OUI FOYER: emma greenhillフェアが、はっじまっるよー♡

 

 

こんな機会にぜひ、

高松のことも~~

find-travel.jp

 

おうどんも食べたいっすよね。

お勧め店と言いたいところですが、

時間がなくて、前回、ありつけたのは、

ここ、駅構内の連絡船うどん

www.shikoku-np.co.jp

 

が、結構、評判のよい、おいしいおうどん。

お時間、なくとも、チャレンジです!

あきらめてはいけません。

 

でちょっと、

おされなおうどん屋さんのおばちゃんをイメージして、、、

ヘアーアクセサリーとしても!

f:id:hynm_mach55:20160808120356j:plain

 

いか~ん、か。

 

M