お問合せ殺到につき、急遽、追加輸入です!

colenimo の秋冬コレクション、

イギリスっぽい、それもメンズのドレスシャツ生地で作ったワンピース。

こちらが、雑誌に掲載されまして、

大変、たくさんのお問合せをいただいております。

 

この商品は秋冬ものなので、まだ、店頭に並んでないのですが、

すでに予約売り切れとなってしまいました。

が、追加で輸入できることになりました!!!

 

ので、詳細をレポート。

気にいられたら、ぜひ、お問い合わせください。

また、お問合せいただきながらも、売り切れとご返答してしまったお客様

ごめんなさい。ぜひ、再チャレンジしてくださいませ。

info@mach55.com

tel;03-5413-5530

 

この号のクロワッサン誌

magazineworld.jp

原 由美子さんの、このページに掲載のワンピース

f:id:hynm_mach55:20180801173731j:plain

がこれでございます。

f:id:hynm_mach55:20180324124946j:plain

掲載の甲田さんは大人なので、あえてのデタッチャブルカラーはずし。しゃ

そう、取り外しできるフレアカラーを取って、

胸のポケットチーフのように使っています。

f:id:hynm_mach55:20180801173737j:plain

こんなふうに、スタンドカラー。

f:id:hynm_mach55:20180801173930j:plain

そして襟をつけると、ちょっとスウィート。

f:id:hynm_mach55:20180801174455j:plain

 

ちょっと甘い印象も与えつつ、、

ファブリックがメンズのシャツ生地なので、

すっきと、颯爽な感じです。

ディテールはシャツワンピースのような袖

f:id:hynm_mach55:20180801174510j:plain

バックはすっきり

f:id:hynm_mach55:20180801173955j:plain

そして、生地のアップなども。

f:id:hynm_mach55:20180801174038j:plain

いかがでしょうか?

 

原さんは、この英国のメンズのシャツストライプ生地がお好きで

他にも、無地ものや、ドットものがあるのですが、

これをピックアップ。

 

大先輩の好きなもの!に選ばれて、

そして、たくさんの方にお問合せをいただいて、

大変嬉しいです!

 

M

 

 

 

 

風格評論とはインフルエンサー なる。

台湾GQ 誌 ウェブでケイリンさんのブログに取り上げられました。

CANTON でございます。

 

影響を与える人、だったり、

感化させる人、だったり、

と日本語では、、 

台湾では、風格評論。

なんだかありがたい感じがします。

 

試着のカットをいろいろ掲載してくださっています。

残念ながら、さっぱり、読めずして、、

きっと外国の方が日本語を見るときもそうなんでしょうね。

 

こちらから、ぜひ、風格評論、みてみてください。

https://www.gq.com.tw/blog/keirin/detail-5131.html

www.gq.com.tw

 

そして、これからインフルエンサーになれるか、

のウチのナッツ55が

公式ブログを始めました。

pelulu.jp

 

ぜひともこちらもチェックください。

みなさまのお力で?!

トップのヒット数を狙います!

 

 

 

展示会速報 4

CHARLIE BORROW はレザーバッグ、アクセサリーのブランドです。

ロンドンの工房で、チャリー自ら、

一つずつ、ハンドメイドで作っています。

今回の展示会でも、

ご紹介しているブランドです。

f:id:hynm_mach55:20180717174612j:plain

何度かブランドについてはご紹介しているので、

今回は、最近、ロンドンで受けたインタビューを

ご紹介します。

こちらをチクンとお願いします。

 

baileynelson.co.uk

 

インタビューは意外と長いので訳はつけておりませんが、

ご希望の方は依頼ください。 info@mach55.com

別にメールさせていただきます。

 

やり取りの中で、一箇所だけちょいと抜粋。

 

Q:「日本でも販売しているんだよね、なぜ、気にいられていると思う?」

 

A; 「日本の人はモノを選ぶときに流儀を持っていると思うんだ、

  そのモノの背景とか作られるときの過程とか、品質を大事にするし、

  価格を落とすために手を抜くことを望んでいないし、

  手作りにかかる手間を評価してくれる、、」

てなことを語っております。

 

違いのわかるオトコってやつを、

日本男子、世界にアピールできてます。

嬉しいかぎりです。

 

これ、見たことない人も多いと思うんで、、

違いのわかる男シリーズ、、

entertainment-topics.jp

 

M

 

展示会速報 3

おはようございます。

本日は、この暑い夏にピッタリのアフリカからのkanga (カンガ)を

ご紹介します。

 

東京メトロ公式チャンネル - YouTube

youtu.be

 

毎日、地下鉄で見ているこの動画、

東京メトロ石原さとみさん。

あら、

そうなんです、。

最初の登場シーンで

kanga のポーチをしてくれてます。

和とのミックスが素敵なコーディネイト。

 

このkanga は東アフリカでうまれたプリント生地。

「カンガ」はスワヒリ語で「Guinea fowlホロホロ鳥」。

ルーツは19世紀半ば、東アフリカで黒に白のドットプリントの布をまとった人たちが

同じ文様のホロホロ鳥に見えたところから来ているそうです。

ヨーロッパからこの柄をファッションに取り入れることが始まって、

今は、当初と違って、大胆なカラーリングと豊富なプリントデザインがあふれています。

同じくアフリカからのサイザルバッグ MACHAKOSを販売し始め、

今年から、このkanga も輸入し始めました。

f:id:hynm_mach55:20180713110602j:plain

f:id:hynm_mach55:20180713110606j:plain

f:id:hynm_mach55:20180713110548j:plain

f:id:hynm_mach55:20180713110620j:plain

豊富な柄から、いろんなアイテムが発売されています。

メンズのシャツやサコッシュ

f:id:hynm_mach55:20180713110821j:plain

もちろんワンピースも。

f:id:hynm_mach55:20180713110736j:plain

トートや巾着も大小あります。

f:id:hynm_mach55:20180713110900j:plain

お店によって、さまざまな柄とアイテムがでています。

 

この暑い夏にピッタリの一品。

気分も弾ける夏に、ぜひ。

 

M