読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MACH55 Ltd x Charlie Borrow Interview ー後編ー

 

こんにちは。

 

昨日前編に続き、チャーリーさんインタビュー後編。

 

いったります!

 

お付き合いどうぞよろしくおねがいいたします!!

 

 

 

 

MACH55:もっともインスピレーションを受けたものは?

CB:日本のショップ!

 

MACH55:え、ものではなくて?

CB:確実にインスピレーションを受けたのはショップ!

スタッフの方がコレクションに興味を持ってくれて、ちゃんと自分達の目で

見に来てくれること。大きい組織の会社などではどうかわからないけど、実際にお店

に立ってカスタマーと直接繋がっている人達がこんなにも熱心にコレクション、ブランドを知ってくれようとする熱意がとても嬉しくて。

 

僕がショップ店員になった時、知識をここでもっと身につけて行きたい、商品についてもっと知りたい、って最初に会社に伝えたんだよ。でも会社が大きくなるにつれて、上と下の距離がどんどん離れて行って、ショップ店員はモノを売ればいい、、育てるっていう考えが薄くなっているのが目に見えてわかった。すごく今でも残念だと思ってる。

 

その経験があったから、なおさら日本のショップスタッフの方の在り方が素晴らしいなって感じたんだと思う。

 

常にカスタマーとの窓口となっているショップスタッフの方から聞く意見や反応はまさに

今起きている実際のレポートでしょ。何が求められていて、何を変えなくてはならないか。何が受け入れられているかをちゃんと把握している人達に、ますます良いコレクションが見せていけるように頑張ろうって思えた。

 

(注釈:チャリーはブランドを立ち上げる前から去年まで、ブランドを保持するためにアルバイトでショップ店員も続けていたのです。) 

 

f:id:hynm_mach55:20170315175637j:plain

f:id:hynm_mach55:20170315175453j:plain

こちらはロフトマン1981の山本さんと。

 

 

 

MACH55:ちなみに食べ物で印象的だったのは?

CB:しゃぶしゃぶ!!今食べているこれ!

みんなでテーブルを囲んで、調理しながら食べる事ってイギリスでは無いからすごく

暖かくて楽しい気持ちになる!

 

f:id:hynm_mach55:20170315203022j:plain

 

たこ焼きを作れる居酒屋にも今回連れていってもらった。そこも楽しかった。

去年日本に来たときに大阪で食べたけど自分で作ったのは初めて!

 

MACH55:イギリスでは同じようなのはない?

CB:ん~、ほら、バーベキューも調理しながらだけど誰か1人が仕切らなきゃでしょ。

お父さんとか。笑 しかもテーブルじゃなくて、みんなから離れた庭で1人で調理。

ちょっと違うよね。それとは。

 

 

 

6MACH55 Ltd.ブログを見ている方、お店の方やお客様にメッセージを!

 

CB:今回の滞在で日本のショップの皆さんと直接触れ合うことができたおかげで

日本のお客様のニーズやリクエストをきけたので、

ネクストシーズンへのインスピレーションや刺激をたくさんもらうことができました!

さらにアップデートしたものやカラーのバリエーションを増やす、など

より良いものづくりをしていくので

皆さんもぜひぼくのアイテムを手にとってみてほしいです。

 

 

 

っと、しゃぶしゃぶしながらも一生懸命答えてくれたチャーリーさん。

 

また次回の来日とネクストシーズンもとてもとても楽しみな

 

 

 

New Staff N

 

でした。

 

MACH55 Ltd x Charlie Borrow Interview ー前編ー

 

こんにちは!

 

みなさまS.E.H KELLYのイベント模様、見ていただけましたでしょうか?

 

はてさて本日は、先日お伝えしていた

 

チャーリーさんのインタビューをアップさせて頂こうかと。

 

 

 

 

チャーリーボロウ、来日は昨年友人とのプライベイト訪問に続き2度目となります。

 

今回はバイヤー様用展示会で商品説明を率先してやってくれました。

 

そんな東京滞在、一週間で感じたことなど、

 

最終日スタッフとのお別れ食事会で簡単なインタビュー形式で話を聞いてみました。

 

しっかり答えてくれたので、ちょいと前編後編と分けて更新していきやすね。

 

さっそく!!!

 

 

 

 

MACH55:日本のお店(select shop)はどんな印象だった?

 

CB:日本のショップは本当に素晴らしい!

何て言うのかな、どのショップにも独自の世界観があって

商品がそこに溶け込むような空間になっているでしょ。

商品がただの‘売り物’としてそこに置いてあるわけじゃなくて意味を

持っているのが伝わって来るというか。

ロンドンのショップは、売れるものを集めてただ並べている感じ。

日本のショップは1つ1つの商品がそのショップ全体を構成するために

セレクトされているのがわかります。

 

f:id:hynm_mach55:20170310163846j:plain

 

 

 

MACH55:Bag Makerから見て日本男子のバッグ使いの傾向はどう感じましたか?

 

CB:前回日本に来たときはリュックとトートバッグを持っている男子をよく

見かけたけど、今回あまり見ないような気がしました。その代わりに、

小さいバッグ、携帯とお財布とタバコが入ればいいや的なサイズ感のバッグで

ショルダータイプのものを持っているのをよく見かけましたね。

 

 

 

MACH55:Charlie Borrowのブランドを5wordsで表現するとしたら?

CB:

  1. Simplicity(シンプルであること)
  2. Durable (頑丈)
  3. Traditional craftsmanship

    4.5は、、、宿題に持って帰っていい?もうちょい考えたい。

    いいワードがあるはずなんだけど。

 

 

f:id:hynm_mach55:20170310155705j:plain

f:id:hynm_mach55:20170315191300j:plain

 

ふむふむ。

 

日本をよくみてくれていてうれしいです。。

 

後編は、インスパイアされたものについてや、食について語ってくれています。

 

つづく

 

 

 

New Staff N

 

 

 

 

 

ライブです、大阪 ロフトマンコープ イーマより

本日は、とうとう本番。

ポール ヴィンセント氏

ロフトマンコープ イーマへ参上の巻き、ライブ版。

 

今、まさにこちらで開催中。

loftman.co.jp

 

そして、こんな感じのショップ内

f:id:hynm_mach55:20170318134845j:plain

f:id:hynm_mach55:20170318134834j:plain

f:id:hynm_mach55:20170318134900j:plain

f:id:hynm_mach55:20170318134851j:plain

 

そして、こんな感じでお客様とのふれあい?中。

f:id:hynm_mach55:20170318142924j:plain

f:id:hynm_mach55:20170318143047j:plain

f:id:hynm_mach55:20170318143448j:plain

f:id:hynm_mach55:20170318143507j:plain

しまった、

大好きなトリッカーズはいてないじゃん。

 すみません、

てなことを話しているに違いないです。

 

 

f:id:hynm_mach55:20170318152059j:plain

f:id:hynm_mach55:20170318151014j:plain

f:id:hynm_mach55:20170318145757j:plain

f:id:hynm_mach55:20170318145001j:plain

f:id:hynm_mach55:20170318144240j:plain

f:id:hynm_mach55:20170318144109j:plain

 

現地のひぐつぁん、からの写真で、キャプションが

入れられてなくって、、すみません、

 

きっとそろそろ動画でも送ってくるに違いない、ということで、

また、ライブで報告します!

 

で、前日編。

関西の男闘呼組といえば、今回のロフトマンコープ軍団が

思い浮かぶ私です。

漫画部としては、学園ものなら、

ロフトマンコープのクラスに入りたい!

 

で、

先日は、ポールと京都へ、ちょっと内緒の旅へ

行っておりました。

大阪イベントの予習、本部、京都軍団への挨拶周り、

みなさん、いつもお世話になっとります。

f:id:hynm_mach55:20170317172501j:plain

f:id:hynm_mach55:20170317174741j:plain

 

f:id:hynm_mach55:20170317175019j:plain

 

そして、夜は、イベントへ向けて、体力を。

京都といえば、

すっぽ~ん。

f:id:hynm_mach55:20170317194326j:plain

ポールには、何かは明かさず食べさせて、、

明かした後は、、、

熱燗をがぶ飲みしておりました。

 

では、

ポールが昨日覚えた日本を最後に。

「おおきに」

 

M

 

ロンドン出張報告と本日のイベント告知!S.E.H KELLY編

チャリーウィーク、皆様いかがでしたでしょうか??

最後に、MACH55プレスチームが、

チャーリーさんへインタビューをしております!!

こちらは、後日UPいたしますので、お楽しみに。

 

さて、ロンドン出張報告&イベントの告知編です。

今日は、S.E.H KELLY編。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、S.E.H KELLYは、

Paul Vincent と Sara Kellyの二人がスタートしたブランドです。

 

S.E.H KELLYといえば、サヴィル・ロウというワードが思い浮かぶ方も

多いのではないでしょうか?

ブランドを知らない方、サヴィル・ロウって何?

少しおさらい、

SaraはSavile Rowにある、Hardy Amiesで10年キャリアを積んでいます。

f:id:hynm_mach55:20170215122038j:plain

f:id:hynm_mach55:20170215122307j:plainサヴィル・ロウ、

[背広]の語源とも言われているように、スーツの聖地。

f:id:hynm_mach55:20170215122209j:plain

こんな風に、スーツをカッコよく着こなしている紳士が

とても印象的でした。

これは完全に主観ですが、私がイギリスで一番カコイイと思ったのは、

ここサヴィル・ロウです。

伝統的であるけれども、とてもモダン。

そんな印象を抱きました。

 

顧客1人1人に合わせフルオーダーメイドスーツを作る、

(その為とても良いスーツですが、お値段もそれなりの価格です、、)

紳士服の聖地、とも呼ばれるサヴィル・ロウでサラは働いていました。

日本でもそうかとおもいますが、

オーダーメイドのスーツを作る、という人は限られた方で

中々そうもいかないのが現実ですよね。

 

S.E.H KELLYのコンセプトとして

「デイリーに着れる、」ということはとても重要です、

そこには、サヴィル・ロウで得た技術をもっと身近に感じて欲しい

そういった2人の思いも含まれています。

 

さて、彼らのSHOPに話を移しましょう、

 

S.E.H KELLYのSHOPは、イーストと呼ばれるエリアにあります。

f:id:hynm_mach55:20170218094430j:plain

f:id:hynm_mach55:20170218094442j:plain

昔はすごく治安が悪かったそうですが、

今はアーティス感たっぷりのとても面白いエリアです。

そんなイーストにある お世辞にも大きいとはいえない、とてもとても小さなSHOPです。

 

彼らのブランドを一言で言うと、どんな感じのブランドですか?

と聞かれたら、私はこう答えます、

「伝統とモダンの融合」

今の彼らにはぴったりな言葉な気がします。

 

サラがサヴィル・ロウで得た技術と、

ディレクター、ポールが感じる、リアルに着たい服、

2人だからこそ、のブランドです。

 

f:id:hynm_mach55:20170218123233j:plain

とてもとても、小さなブランドです。

8年目を迎える彼らですが、まだまだこれら、

私たちエージェントを含め、彼らと共に成長していかなくてはなりません。

 

ブランド当初から応援してくださるファンの皆様、

そして何より、このブランドを取り扱ってくださる全国のShop様、

いつも本当にありがとうございます。

 

そして本日こちらのShop様にてイベントが開催されます!

loftman.co.jp

14時間から17時まで、ディレクターポールもおりますので、

お近くの皆様は是非遊びにいらしてくださいね。

イーストロンドンを感じに、ロフトマンコープイーマへ!!

 

激混み新幹線の中の

 

H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LAST DAY OF CHARLIE BORROW WEEK!

 

こんにちは!

 

とある日の夜。弊社もよりのとんかつのまいせんへ。

ちゃーみーとんのロース定食にエビフライをトッピングいたしまして、

お味噌汁を豚汁に変更と、なかなかツウオーダーの彼。

f:id:hynm_mach55:20170315101029j:plain

ジャパニーズスタイルのピースを覚えました!

 

 

 

昨日のお客様との様子を。

 

朝からバッチシお越しいただきましたフロートギャラリーの皆様。

ありがとうございます!

f:id:hynm_mach55:20170314103052j:plain

ロンドンと日本のお客様の違いを話し合ったり、

日本のお客様のニーズを伝えていただきました!

ネクストシーズンも期待ですね。

 

 

 

アンドフェブのヌクイさま。

f:id:hynm_mach55:20170315100714j:plain

チャーリーさん、

お店ではどんなアイテムが人気があるかをしっかりリサーチいたしました!

ありがとうございます!

 

 

ロフトマンコープ イーマの岡村さまと岡本さま。

f:id:hynm_mach55:20170315101235j:plain

チャーリーさん若干23歳にしてつくりあげている、

これだけのクオリティーのアイテムの数々に感動しているもようを

バシバシ伝えてくださいました!

 

チャーリーさんもさぞ嬉しかったろうに。

 

 

 

サクラメントフィグの蟻正さま。

f:id:hynm_mach55:20170314181944j:plain

レディースのお客様にももっと使っていただけるようなニーズや、

こんなのがいいというリクエストとチャーリーさんの作りたいスタイルが

合わされるようなおはなしをしていただきました。

 

 

すっかり仲良しになったようすのふたり。

f:id:hynm_mach55:20170314190148j:plain

 

 

f:id:hynm_mach55:20170314190200j:plain

ジャパニーズピーススタイルアゲイン!!

 

 

 

チャーリーさんとの本日のお別れがすでに今からさみしいスタッフ一同ですが、

はりきってきたいとおもいます!!!

 

 

 

New Staff N

CHARLIE BORROW WEEK 残りわずか、、

 

こんにちは。

 

さてはてあいにくのお天気ですが、

 

早速さくじつの午後の部の様子を続行してアップしてまいります。

 

どうぞお付き合いをよろしくお願いいたします!

 

 

 

 まずはグラフペーパーの南さま

 

新作のリップストップアイテムを気に入っていただけたご様子。

f:id:hynm_mach55:20170313173105j:plain

f:id:hynm_mach55:20170313172758j:plain

 

仲良く肩を組んでの一枚!

f:id:hynm_mach55:20170313173141j:plain

 

 

 

そしてトラベルズの関さま

f:id:hynm_mach55:20170313173712j:plain

f:id:hynm_mach55:20170313173443j:plain

 

チャーリーさんの私物のレザートートと、

 

サンプルの経年変化をみて味わい深いレザーアイテムをとても気に入っていただけました!

 

ありがとうございます!

 

とってもいい写真!

f:id:hynm_mach55:20170313174526j:plain

 

 

本日も朝からたくさんの関係者の皆様にお越しいただいて、

 

チャーリーさんもうれしそうな様子です。

 

残りわずかのチャーリーさんウィークですが、

 

その様子や、レザー小物などまたドシドシご紹介させていただきますので

 

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

New Staff N

CHARLIE BORROW WEEK 今週も続行します!

こんにちは。

みなさま、よい週末を過ごされましたか?

今週も弊社ブログでは

CHARLIE BORROW WEEK 続行してまいります。

 

 

まずは、本日午前の部の様子を。

nanamicaの須賀さま

f:id:hynm_mach55:20170313115141j:plain

f:id:hynm_mach55:20170313115144j:plain

f:id:hynm_mach55:20170313115250j:plain

f:id:hynm_mach55:20170313115918j:plain

f:id:hynm_mach55:20170313114543j:plain

日本のマーケットについて教えていただきました。

ありがとうございました!

 

 

nanamica様は、CHARLIEにとっても憧れのお店。

どうやら週末にこっそりお店へお邪魔したようです。

元気でフレンドリーな人柄だけど

なぜか恥ずかしくてスタッフの方に話しかけることができなかったそうな。

 

 

 

我らCHARLIE BORROWですが

こちらの雑誌にも掲載していただいております!

f:id:hynm_mach55:20170309140039j:plain

59ページ 右上

パイロットトートを掲載していただきました。

いつもありがとうございます!

f:id:hynm_mach55:20170310124613j:plain

24オンスのスコットランドからのコットンキャンバス。

撥水加工もそなわった生地で使い込むほどにいい味でてきます!

 

そして、この場をお借りして訂正がございます。

ブランド名がMASTER&Co.となっておりますが

本当はCHARLIE BORROWです!チャーリーボロウです!

 

 

 

お取り扱いの店舗情報は

info@mach55.com

または

03-5413-5530

までお問い合わせくださいませ。

 

 

New Staff  N